ケイジとケンジ原作ネタバレや脚本家!ドラマの結末で異色バディがどうなるかも予想!

ケイジとケンジ原作ネタバレ

ドラマ「ケイジとケンジ」に原作やネタバレはあるのでしょうか。

ドラマの結末もどうなるのか、脚本家の傾向がわかれば想像しやすいはず!

ここではドラマ「ケイジとケンジ」のストーリーを紹介しながら、ドラマのラストはどんな結末になるのか予想していきます。

このドラマに原作やネタバレはないと話題になっていますが、どうなのでしょうか?

脚本の担当はどなたなのかも気になりますね。

早速調べていきましょう!

スポンサーリンク

ケイジとケンジに原作やネタバレある?

ドラマ「ケイジとケンジ」に原作やネタバレはあるのでしょうか?

気になるので、早速調べていきます!

原作なしのオリジナルドラマ

ドラマ「ケイジとケンジ」には原作はありませんでした!

完全オリジナルのストーリーなので原作ネタバレもありません。

ドラマは桐谷健太さん東出昌大さんW主演で話題になっています。

学歴も身分も収入も資格も捜査方針もまったく違う、決して交わらない二人が一つの事件をきっかけにどう交わっていくのか。

オリジナルストーリだけに結末の見えないストーリー展開が楽しみです♪

スポンサーリンク

ケイジとケンジの脚本家はだれ?

ドラマ「ケンジとケイジ」は原作なしということが分かりましたが、脚本家は誰だかご存知ですか?

完全オリジナルストーリーなだけあって、脚本を誰が担当するのか気になりますよね。

ドラマ「ケイジとケンジ」は誰が脚本するのか調べていきたいと思います!

脚本家は福田靖

ドラマ「ケイジとケンジ」の脚本と担当されるのは、福田靖さんです。

福田靖さんは「ガリレオ」や「HERO」などの大ヒットドラマを多く手掛けてこられてきました。

これまでの主な作品はこちらになります。

  • 救命病棟24時シリーズ
  • HERO
  • 海猿
  • ガリレオ
  • 龍馬伝
  • DOCTORS 最強の名医
  • 先に生まれただけの僕
  • まんぷく

ヒットメーカーと呼ばれる脚本家さんだけあって、人気の作品が多いです!

今回は高視聴率を獲得したNHK連続テレビ小説「まんぷく」の執筆後に初めて手掛けるドラマ作品であり、令和初のオリジナル作品になります。

今回はどんな脚本になっているのか、期待が高まりますね!

福田靖の脚本の傾向

福田靖さんの脚本の傾向を調べていきたいと思います。

福田さんはオリジナル作品の脚本執筆を重視している脚本家さんです。

脚本はユーモアやコミカルな表現が多く、老若男女を問わず笑えて楽しめる大人の群像コメディーを創出しています。

SNS上では、これまでの脚本の傾向から男性が主人公になっているものが面白いと話題♪

それでは、Twitterでの福田靖さんの脚本への感想を見てみましょう!

Twitter上でも、福田靖さんの脚本に期待の声が高まっています!

今回のドラマのように検事役が主人公になる脚本は、大ヒットしたドラマ「HERO」を彷彿させますね。

ファンだった方も多いのではないでしょうか!

今回も福田さんらしいユーモアやコミカルな脚本に期待したいと思います。

スポンサーリンク

ケイジとケンジのドラマ結末を予想しよう!

ドラマ「ケイジとケンジ」のドラマ結末を予想していきます。

タイトルにもなっている刑事と検事がどう関わっていくのか、タイトルからも普通の刑事ドラマとは違った結末が予想されますね!

ドラマ「ケイジとケンジ」のストーリーはこのようになっています。

『ケイジとケンジ』は桐谷演じる神奈川県警の刑事・仲井戸豪太と、東出演じる横浜地方検察庁の検事・真島修平の異色バディが紡ぐ物語です。仲井戸は今という時代に重視されるコンプライアンスなんて「?」状態で、「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる男。一方、真島は「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。そのために証拠を集める刑事は、検事の“駒”である」と考える男です。そんな“ツッコミどころだらけの発展途上”な2人は共に、“個々の正義感”をたぎらせながら数々の事件に立ち向かうことに…!
命がけで被疑者を逮捕しても70%は不起訴となり、正義が報われないことの多い刑事…。そして、刑事事件は99%以上の確率で有罪となるため、有罪を勝ち取ることがすべての検事…。これまで日本のドラマでは描かれなかった真実を大前提に、葛藤を抱え未完全だからこそ逆にのびしろのある仲井戸と真島は、ぶつかり合いながらも共鳴していくことに。その先に生まれるものとは一体…!?
半人前な2人の“もうバカだなぁ…”と微笑ましくなる軽妙なやりとりをベースに、《正義とは何か》も問いかけながら、コミカルに展開していく『ケイジとケンジ』。ニュータイプの事件解決バディものが、刑事モノというドラマの定番ジャンルに、思わずニヤリとする新風を吹き込みます!

(引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/intro/)

ドラマ「ケイジとケンジ」のストーリーをご紹介しました。

異色のバディとは、元体育教師の異色な刑事と東大卒の頭でっかちな超エリート検事という学歴も身分も全く違う二人です。

二人はぶつかり合いながらも共鳴していくことになりますが、その先に生まれるものとは一体なんでしょうか!

では、ドラマのラストがどんな結末になるのか予想していきたいと思います。

完全オリジナルストーリーなだけに、予想も無限大にできますね♪

ドラマ結末予想① 刑事・仲井戸を不起訴にする

仲井戸は管轄外の事件も担当していまい、今の時代に重視されるコンプライアンス意識も薄い刑事です。

そんな仲井戸は犯人逮捕に尽力するあまり、いき過ぎた捜査で自身が逮捕されていまいます。

その事件を担当するのが、異色バディの検事・真島。

検事・真島は被告人を起訴にすることに重きを置いていますが、今回ばかりは仲井戸を救うため不起訴となる証拠を集めようとします。

果たして真島の働きにより、仲井戸は不起訴となるのでしょうか?

ドラマ結末予想② 検事の危機を刑事が救う

反対に検事・真島の危機を刑事・仲井戸が救う結末も予想できます。

検事・真島は被告人を起訴にするための証拠ばかりを集めることに必死になりすぎてしまい、被告人を逃すことになってしまいます。

そんな真島を助けるために、刑事・仲井戸は管轄外の仕事であるにも関わらず奔走し被告人を捕まえるのです。

周囲からも批判される真島のことを、仲井戸は事件解決という形で助けるのではないでしょうか?

ドラマ結末予想③ 検事の恋が実る

ドラマ結末では異色のバディ二人が難事件を解決します。

事件解決により、異色バディの二人は互いの組織でも徐々に認められていきます。

その様子を見ていた仲井戸の妹で事務官の仲井戸みなみは、内心苦手意識のあった上司である検事・真島のことを見直します。

その後、仲井戸の援助もあり二人は結ばれるのではないでしょうか?

難事件を解決しながらも恋愛模様を描くドラマラストの結末は個人的に期待大です 😛

スポンサーリンク

まとめ・ケイジとケンジ原作とネタバレについて

ドラマ「ケイジとケンジ」の原作やネタバレの有無、ストーリーを紹介しました。

ドラマラストの結末をいくつか予想してみましたが、いかがでしょうか?

異色バディの二人の関わりや、検事・真島の恋愛模様も見所です!

今回のドラマは原作はなく、人気脚本家・福田靖さんの完全オリジナルストーリーとなっています。

ドラマの内容が気になる方はぜひご覧になってくださいね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA