ネタバレ

麒麟がくる5話あらすじネタバレ!伊平次を探せ

麒麟がくる5話あらすじネタバレ!伊平次を探せ

「麒麟がくる」第5話「伊平次を探せ」のあらすじネタバレを読んで、次週に備えてみませんか?

今回の第5話「伊平次を探せ」では、将軍足利義輝を演じる向井理さんがついに登場!谷原章介さんも登場し、イケメンが多い回でした。

そして「麒麟がくる」ファンの方にコメント欄を開放させていただいております。

それでは第5話「伊平次を探せ」のネタバレ、あらすじをどうぞ!

[btn href=”https://vanscore.com/kirin-arasuji-netabare/” class=”raised green-bc strong”]あらすじTOP[/btn]
\\麒麟がくるを一気見//
▲NHKオンデマンド作品が見放題▲
大河ファンの皆様、下のコメント欄にて是非「麒麟がくる」の感想をお寄せください。

スポンサーリンク

麒麟がくる第5話のあらすじをネタバレ

「麒麟がくる」の第5話のあらすじネタバレを紹介していきます。

物語は、斎藤道三(本木雅弘)と明智光秀(長谷川博己)が鉄砲の試し撃ちするシーンから始まります。

初めて鉄砲の威力を見た道三は、その凄まじい威力に驚きました。

しかし光秀は、鉄砲の難点である弾込めに時間がかかる点を指摘します。

光秀が、そんな難点を解決しようと部下である藤田伝吾(徳重聡)へ刀鍛冶を知らないかと尋ねました。

伝吾は光秀の問いに”伊平次という刀鍛冶がいましたが、失踪してしまったのです”と答えます。

光秀は美濃にある刀鍛冶を訪ね、鉄砲をばらして一から仕組みを学びたいと伝えました。

刀鍛冶はできないと答え、その理由は”足利将軍家から口止めされている”とのこと。

伊平次の行方についても訪ねましたが”足利将軍家から口止めされている”と答えてくれません。

光秀が困っていると、刀鍛冶の一人が”伊平次は京の本能寺にいる”と行方を教えてくれました。

伊平次の行方が分かった光秀は早速京都に向かいます。

鉄砲に絡む諸国の思惑が見え隠れする前半部分。

足利将軍家は一体なんのために鉄砲を集めているのか気になりますね。

一方、駒(門脇麦)は京へ帰る段取りがつき、光秀に挨拶をするために会いに行きました。しかし、光秀は京へ向かった後で会えず仕舞い。

駒は光秀の母である牧(石川さゆり)に挨拶を済ませ、本当は京には帰りたくはないのだと告げました。

そんな駒の気持ちを知らない光秀は、京の本能寺にたどり着きます。

本能寺には、人だかりができていました。

足利家の将軍、足利義輝(向井理)が本能寺の滞在しているとのこと。

光秀は群衆に紛れて本能寺の前にいると、後ろから”それは鉄砲ではないか”と尋ねられます。

振り向くとそこには、細川藤孝(眞島秀和)がいました。

光秀が鉄砲を持っているため怪しい人物と判断した藤孝は、刀を抜き光秀に切りかかります。

光秀は見事な刀捌きで、藤孝の一太刀を交わし両者にらみ合い。

そんな緊張した空気の中、本能寺から義輝が出てきました。そして藤孝をいさめ、刀を収めさせます。

義輝に続いて、以前堺で出会った三淵藤英(谷原章介)も本能寺から出てきます。

藤英は光秀のことを覚えており、光秀の持つ鉄砲について”その鉄砲は松永久秀様(吉田鋼太郎)にもらったのですか”と尋ねてきました。

なぜわかったのか不思議に思う光秀。

続けて藤英は”今から久秀に会いに行くから一緒にどうだ”と光秀を誘い、二人は一緒に久秀の陣へ向かいました。

光秀の親友となる細川藤孝が出てきましたね。さわやかな藤孝でかっこよかったです。

二人の今後の絡みも気になります。

藤英と一緒に松永久秀の陣を訪ねる光秀。

藤英と久秀は、言い合いを始めます。藤英は言い合いの末、また出直すと告げ帰りました。

久秀は光秀を屋敷に入れ、道三の活躍を称えます。

そして鉄砲の重要性を光秀に教えました。それは、鉄砲は抑止力になるということ。

鉄砲の威力を知る者は、鉄砲を恐れ諸国の鉄砲の数を調査します。そして鉄砲の数が多い諸国には戦を仕掛けない。

この言葉を聞き、光秀は納得します。

久秀と話していると、久秀は急に”伊平次に会いに行こう”と言いだし、遊郭へ行きます。

そこで伊平次に会った久秀は”鉄砲を二十丁ほど作ってくれ”と言いますが、伊平次は断ります。その理由は”面倒くさい”とのこと。

久秀に鉄砲を作れば、主君である細川家が鉄砲を欲しがる、そして足利家も鉄砲を作れと言ってくる。そのごたごたに巻き込まれたくないと言うのでした。

それを見ていた光秀は、伊平次が幼馴染であることに気が付きます。伊平次も光秀に気づき大喜び。

伊平次は光秀の鉄砲を見て、何をしたいのかと問いかけました。

光秀は”鉄砲の仕組みを調べ、問題点を把握したいのだ”と伝えると、伊平次は光秀の役に立てるならと喜んで鉄砲の仕組みを教えることを約束するのでした。

久秀はそのやり取りを見て光秀に”お前が鉄砲の作成を頼んでくれ”と頼み、先に帰ってしまいます。

残された光秀は、微妙な面持ちのまま伊平次に付いて行くのでした。

久秀の戦にかける思い、光秀の思いと各武将の思いが伝わる終盤でした。

熱い思いがありワクワクしましたね。

第5話のあらすじネタバレ① 好評のオープニング

「麒麟がくる」第5話のネタバレ、一つ目をご紹介します。

「麒麟がくる」のオープニングはとても好評のようですね。

ツイッターでも好意的な反応がたくさんありました。

かっこいいという反応が多いですね。

個人的にも、オープニングに使用される文字には重厚感があって、とてもかっこいいと感じます。

第5話のあらすじネタバレ② 三好長慶役の山路和弘がついに!

「麒麟がくる」第5話のネタバレ、二つ目をご紹介します。

物語中盤で少しだけですが、三好長慶(山路和弘)が出ました。この三好長慶とは、実はすごい人なんです!

みなさんがご存じの天下人と言えば、信長、秀吉、家康の三名ではないでしょうか。

三好長慶はその前の天下人と呼ばれる武将です。

こんなすごい武将を演じるのが、山路和弘さん。ドラマでは、一瞬の出演ですがやはり雰囲気がありました。

今後の展開で光秀とどう関わってくるのか楽しみです。

第5話のあらすじネタバレ③ 早くも本能寺?!

「麒麟がくる」第5話のネタバレ、三つ目をご紹介します。

光秀が京へ向かい訪れたのが、あの本能寺です。

本能寺に鍛冶職人の伊平次がいると聞き訪れる光秀。

なぜ本能寺に鉄砲と関係がある人がいたのでしょうか。「麒麟がくる」の公式ツイッターに解説が載っていました。

本能寺は鉄砲が伝来した種子島で、布教活動をしていたそうです。

当時種子島では、鉄砲の量産が盛んでした。そこで本能寺は、堺の商人や諸国の武将たちに鉄砲売買の仲介役になっていたそうです。

だから本能寺が出てきたんですね。納得!

今後本能寺との関わりにも注目ですね。

第5話のあらすじネタバレ④ 向井理の登場

「麒麟がくる」第5話のネタバレ、四つ目をご紹介します。

いよいよ向井理さん演じる足利義輝が登場しました。

なんとも将軍っぽくて神々しく、かっこよかったですね!

ツイッターの反応にもあるように、もう少し出番があったならよかったのにと思いました。

第5話のあらすじネタバレ⑤ しゃっくりが止まらない松永久秀

「麒麟がくる」第5話のネタバレ、五つ目をご紹介します。

物語も終盤に入ると、待ちに待った吉田鋼太郎さん演じる松永久秀の登場。

今回はしゃっくりが止まらずにお灸をすえて止めるという荒療治中の登場でした。

個人的の今作の松永久秀は面白くて好きな役です。

次回の登場では、どんなシチュエーションで登場してくれるのでしょうか。楽しみです。

\\麒麟がくるを一気見//
▲NHKオンデマンド作品が見放題▲

スポンサーリンク
スポンサーリンク

麒麟がくる第5話あらすじネタバレのまとめ

「麒麟がくる」第5話「伊平次を探せ」のあらすじネタバレをご紹介しました。

5話では鉄砲の力が明かされ、とても面白い回でした。

今後鉄砲と光秀の関わりが気になります。

ラストは衝撃的で、「麒麟がくる」次回の放送が待ちきれません。

大河ファンの皆様、下のコメント欄にて是非ドラマの感想をお寄せください。

[btn href=”https://vanscore.com/kirin-arasuji-netabare/” class=”raised green-bc strong big”]あらすじTOP[/btn]

スポンサーリンク

スポンサーリンク