ネタバレ

同期のサクラのネタバレ最終回結末に原作?さくらは自分を取り戻せるか?

同期のサクラネタバレ

「同期のサクラ」のネタバレと感想を、第1話から最終回の結末までご紹介します!

あわせて原作ネタバレがあるかも調査。

さらに見どころのネタバレトピックスをシーンと共に振り返ります。

「同期のサクラ」は高畑充希さん主演で、あの「過保護のカホコ」のスタッフが再集結し作成しているドラマ。

個性的な主人公が繰り広げるストーリーのネタバレは気になりますよね。

では「同期のサクラ」第1話~最終回結末までのネタバレと原作ネタバレがあるかをみていきましょう!

↓長文ですのでお好きな見出しからどうぞ↓

【目次】お好きな見出しからお読みください

スポンサーリンク

「同期のサクラ」に原作ネタバレはある?

高畑充希さんが主演ということで話題になっている、秋ドラマ「同期のサクラ」ですが、原作や原作ネタバレはあるのでしょうか?

「同期のサクラ」には原作がない!

「同期のサクラ」にもし原作があるとしたら、小説なのか、漫画なのか、原作自体の情報も気になりますよね。

最近のドラマは、人気漫画や人気小説のドラマ化や、韓国版ドラマのリメイクも人気です。

「同期のサクラ」に関しても、原作があるのか、他の国でも似たようなドラマが放送されていたのか調べてみました。

しかし、「同期のサクラ」には原作もネタバレもなく、オリジナルの脚本で作られたドラマのようです

オリジナルドラマということは、全く結末が読めないので、ストーリーの展開がとても楽しみな予感。

脚本家は遊川和彦

ドラマに原作がないとなると、ドラマの展開がどう変わっていくのかは脚本家によっても変わりますよね。

では「同期のサクラ」の脚本家は誰なのでしょうか?

実は多くのヒットドラマを手掛けた、遊川和彦さんが脚本家です。

遊川和彦さんが過去手掛けた作品を見てみましょう。

  • 過保護のカホコ
  • 家政婦のミタ
  • 偽装の夫婦
  • 恋がしたい恋がしたい恋がしたい
  • 十年愛
  • 女王の教室
  • 人生は上々だ
  • 魔女の条件
  • 曲げられない女

まだまだありますが、有名なドラマばかり手掛けていることが分かります。

しかも、今回は今までのドラマと少し異なるストーリー展開が話題。

1話から展開が流れていくのではなく、1年を1話で描きながら、10年間の同期との展開を描いていきます

今までにないストーリー展開とスピード感で描かれるのでは?と話題となっています!

しかも、今回は主人公に「10年たっても変わらない、そういう姿を描いてみたかった」と話しているようなので、力の入れていることが明白。

ヒットドラマを手掛けている遊川和彦さん脚本のドラマ「同期のサクラ」は大ヒットドラマになる予感しかないですね。

ワクワクがとまらない(笑)

Twitterでもオリジナリティが話題に

私もですが、視聴者もとても楽しみにしている声がたくさん!

では、どうストーリーが展開し、どんな結末になるのか第1話~最終回までネタバレをご紹介していきます。

スポンサーリンク

同期のサクラ第1話のネタバレ・視聴者の感想!

「同期のサクラ」第1話のネタバレ・視聴者の感想のご紹介です。

第1話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第1話のストーリーをネタバレしていきます。

北野桜(高畑充希)は病院のベッドで人工呼吸器につながれていた。

そこへ駆け付けたのは会社の同期4人。

百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)は思う。

「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない」

サクラは10年前、花村建設に入社した。

入社式の日は遅刻ギリギリ、社長のスピーチに「話が長いと思いました」と言うなど、サクラの行動に周囲の人は呆気にとられていた

新人研修の最終課題として「日本の未来に残したい建造物の模型作り」をすることになったサクラ。

そこで同じ班のメンバーとして出会ったのが、病院に駆け付けた4人であった。

 

高畑充希さん演じるサクラは、ちょっと変わった人物設定のようですね!

視聴者の方がどう感じたのかも気になるところです。

模型作りの班のリーダーはなぜかサクラ…

超マイペースなサクラに、メンバーは戸惑いながらも合わせてくれた。

模型はサクラが提案した「故郷の美咲島に架ける橋」を作ると決まり、作業も順調!

しかし審査会の前日、サクラは模型に欠陥をみつけてしまい、仲間が疲れているにも関わらず追加作業を行おうと提案する。

そんなサクラに、そこまでのクオリティは求められていないと4人は困惑。

さらに百合にブチギレされ、サクラはそのまま帰宅する。

その夜、サクラはじいちゃんに「じいちゃんのコロッケが食べてぇ」と手紙を書きFAXで送信。

じいちゃんから返事が来たサクラは、何かを思ったよう。

 

サクラは空気を読むのが苦手なようです。

「いいものを作りたい!」その一心なのは理解できますが、疲れていたメンバーからすると迷惑なのもわかります。

グループ内の雰囲気が悪化したまま審査会を迎えるのは、心配ですね。

審査会当日、会場にサクラの姿はなかった。

サクラ以外の4人で審査を受け、審査員に模型の欠陥を指摘されそうに…

そこへ現れたのは自ら作り直した模型を手にしたサクラ!

模型を交換したおかげで審査員に完璧なものを見てもらうことができた

審査の結果、社長賞となったのは商業施設の模型。

サクラは社長賞となるべきなのは、他の班が作った保育園の模型だと言う。

会社の決定に異を唱えてしまったサクラ

上司にそれは班としての意見なのか、個人的な意見なのかと問われ「個人的なものです」とサクラは答える。

その結果、仲間が希望の部署に配属される中、土木部志望のサクラだけは希望が通らず人事部預かりとなってしまった。

 

一生懸命模型を作り直したサクラでしたが、土木部で働きたいとの希望は叶わず…

自分の言いたいことをズバズバ言ってしまいましたから、しょうがないともいえますが、周りが希望通りに配属されている中というのは辛いですね。

第1話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第1話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

1話ネタバレ① サクラが過保護のカホコとかぶる!?無表情で発達障害?

1話のネタバレ1つ目です。

主人公のサクラは、普段は無表情

しかし本当に嬉しいことがあるとニッコリ!

同じ班のメンバーも、初めてサクラの笑顔を見たときには「笑えるんだ…」と驚きます。

そんな変わったサクラですが、過去に高畑充希さんが主演した「過保護のカホコ」も変わっていましたよね。

また、無表情なうえ行動も変わっており、発達障害をもつ女性なのかな?という印象も持ちます。

Twitterの声もみてみましょう!

たしかに「過保護のカホコ」も強烈なキャラクターでしたよね!

カホコは“かわいい女の子”といった感じでしたが、今回のサクラは“自分の信念を曲げない女の子”

まる被りとまではいきませんが、変わっていて癖の強い人物という点は同じですね。

サクラは発達障害ではないか、との声もあがっていました。

公式サイトの人物紹介にはそういった記述は見当たりませんでしたが、たしかにそれっぽいかな?と思うような点はありますね。

ただし、それが本当に発達障害に該当するかどうかまではわかりませんが…

気になる方は第1話を見返してみてはいかがでしょうか?

1話ネタバレ② 朝からチャラい!タクヤの喘ぎ声

1話のネタバレ1つ目です。

サクラはアパートで一人暮らしをしています。

朝支度をするサクラの耳に入ってきたのは、隣人のでかい喘ぎ声!

しかも出勤しようと部屋を出たサクラは、隣人と鉢合わせするのでした。

ここでもサクラは驚きの一言を放ちます。

「子供がいるお宅も困ると思うので、少し音量を下げていただけると助かります

このときの隣人男性を演じていたのは、超特急のタクヤさんでした!

Twitterの声をみてみましょう。

タクヤさんは今回がドラマ初出演というわけではなく、他のドラマにもちょくちょく出演されています。

2019年の冬ドラマ「家売るオンナの逆襲」では、鍵村洋一役でレギュラー出演。

2話以降も登場する可能性が高そうですね!

1話ネタバレ③ 橋本愛のブチギレ演技がうまい!

1話のネタバレ3つ目です。

審査会の前日、模型に欠陥をみつけたサクラは直そうと提案しますが、疲れていたメンバーはやる気にはなれません。

「仲間で力を合わせればできる」と言うサクラでしたが…

百合が「仲間だと思っていない!!」と激怒。

百合を演じた橋本愛さんの演技、とてもお上手でした!

Twitterでも橋本愛さんのブチギレ演技が話題です。

ブチギレした橋本愛さん、怖いくらいでしたね。

サクラに対して相当我慢していたと強く伝わるシーンでした!

1話ネタバレ④ サクラの新潟弁が違う?

1話のネタバレ4つ目です。

サクラは新潟県の出身で、じいちゃんとの連絡にはFAXを使っています。

スマホではなく電話でもなく、FAX…

じいちゃんは電話が嫌いなのだそう。

じいちゃんに送るFAXの内容は、サクラ演じる高畑充希さんが新潟弁で読み上げています

高畑充希さんの新潟弁ですが、新潟県の人が聞くと違和感があるとの声がTwitterにあがっていました。

どうやら高畑充希さんの新潟弁は、お年寄りの方が使っている新潟弁のよう。

同じ地方の方言とはいえ、若い人とお年寄りでは違うこともありますよね。

サクラはおじいちゃんに育てられたとのことですので、おじいちゃんの言葉をまるごと覚えてしまったのかもしれません。

1話ネタバレ⑤ サクラが案内した喫茶店が安い!何でも出てきて一人1000円

1話のネタバレ5つ目です。

模型製作の打ち合わせとしようとなったサクラと4人ですが、なかなか場所が決まりません。

メンバーの希望がバラバラで、まとまらなかったんですね。

安くて・うまくて・禁煙で・静かで・中華でもないお店。

こんなお店どこにある?と思ったら、サクラが知っていましたよ♪

サクラが案内したのは喫茶店

何でも出てきて一人1000円!

安い!これ凄いですね!!

喫茶店なのに刺し身や唐揚げも出てきちゃうんです!

Twitterの反応をみてみましょう。

毎日材料を揃えて、このお店大丈夫なのでしょうか?

ドラマの中だから存在するお店だとは思いますが、実在していたら驚きですよね!

1話ネタバレ⑥ サクラは手先も不器用

1話のネタバレ6つ目です。

模型製作を頑張るサクラでしたが、カッターを使う手先があまりに不器用すぎるのです!

周りに心配されるほどの不器用さ。

見ていた私もハラハラでした!

Twitterの反応もみてみましょう!

その場で言わなくてもいいことまで言ってしまい、周囲を白けさせてしまうサクラ。

ただ、手先まで不器用だと可愛くも思えてきますね♪

1話ネタバレ⑦ サクラが会社をクビに?

ネタバレ7つ目です。

新人研修が終了し、それぞれ配属先の発表がありました。

しかしサクラの名前だけが呼ばれません。

人事部長は「クビになった」と…

その後「冗談」と否定した黒川部長でしたが、冗談とはいえ簡単に「クビ」との言葉を口にしたことに、不快感を示した方もいました。

Twitterの反応をご紹介!

今の時代、そうそう「クビ」なんて言葉は出せないのが普通ですよね。

これには私も少々驚きました!

また、こんな声もあがっています。

サクラのように社長や会社に物言えば、扱いづらい社員となりクビになってしまうこともあり得るかとは思います。

ただこのシーン、クビと冗談を口にしたのはサクラを採用した黒川人事部長なのです!

椎名桔平さん演じる黒川に何か考えがあってのことだと思うのですが、第1話ではこの真相はわかりませんでした。

第1話ネタバレへの視聴者の感想

「同期のサクラ」第1話の視聴者の感想をみていきましょう。

第1話から涙腺崩壊している人がたくさん!

自分の気持ちに正直に、まっすぐ生きるサクラが印象的な第1話でしたね。

しかし「自分の気持ちを押し通そうとしている」とも捉えることができ、他の人との衝突もありそうな予感がします。

スポンサーリンク

同期のサクラ第2話のネタバレ・視聴者の感想!

「同期のサクラ」第2話のネタバレ・視聴者の感想のご紹介です。

第2話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」2話のストーリーをネタバレしていきます♪

先生は「もう意識が戻るのは難しいって言ってるけど、おれは戻るって信じてる」と病室で寝たきりのサクラに話しかける清水菊夫(竜星涼)。

同期たちが入社してから1年後

サクラ(高畑充希)はいつか土木部に行けると信じ、今はできることをやると人事部で頑張っていた。

ある日、会社の決定で人事部は残業を減らすよう指導することに。

サクラはすみれ(相武紗季)と共に各部署を回り、残業をなくすように言って回る。

そんな中、営業部にいる菊夫は桑原部長から過酷な労働をしいられていた

翌朝、すみれは営業部だけ残業が減っていないという。

それを聞いたサクラは、菊夫を残業させるなと営業部に言いに行く。

口を出すなという部長に対して「会社のみんながいい環境でいい仕事をするように整えるのが人事の大事な仕事、だから口出しをしないのは無理だ」と言い切るサクラ。

これに腹を立てた桑原部長は「もうお前は営業部にくるな!」と人事部にクレームを言いに行き、人事部のことを小ばかにして帰っていく。

 

サクラも含めて、同期のみんなは変わらず頑張っているようですね。

しかし、菊夫くんは心配です…

それに営業部の桑原部長は怖いですね。人事部を下に見る言動に腹が立つ!(笑)

サクラはよく言い返せるなと感心します。

営業部に来るなと言われたサクラは、会社玄関で菊夫を待ち伏せ。

桑原部長と一緒に出てきた菊夫に残業をやめるように言う。

しかし菊夫は大丈夫だとサクラを拒絶。

自分には何もできないと悩んでいたサクラのもとに、じいちゃんからFAXが届く。

大人になることとは何なのか、その答えが書かれていた。

そんな中、菊夫が倒れたと聞いたサクラは病院へ駆けつける。

目が覚めた菊夫に、サクラは非常にいいと絶賛!

菊夫が担当している図書館の完成図を見ていたのだった。

菊夫に人事部にいて辛くないかと聞かれたサクラだったが「会社全体がわかり、いい経験になっている」と答える。

それを聞いた菊夫は、毎日が辛いと泣きながら本心を吐き出した

菊夫が「これからどうしたら良いのか」とサクラに尋ねたところ「菊夫くんは大人になったのかもしれない、今は自分自身を応援するべき」と助言され、さらに涙ぐむ…

 

最初は大丈夫だと強気にみせていた菊夫でしたが、徐々につらそうなシーンが増えていきました。

見ているだけでも辛かったです。

翌日、菊夫から部長に今の考えを伝えに行くというメールが届きサクラは営業部へ。そんなサクラに同期のメンバーも付いていく。

営業部を覗き込みながらも躊躇していた菊夫は、自分のケツをたたいてくれとサクラに頼む。

サクラに思いっきり尻を叩いてもらい、勇気をもらった菊夫は「もう部長の言うことは聞けない」と自分の意思を伝えに行く。

菊夫の言葉に苛立ちを隠せない桑原だったが、図書館の建設現場で水道管が破裂したとの電話が入る。

それを聞いた菊夫は、俺の担当だと走り出す。

その後、桑原は土木へ異動

サクラが土木部志望だと知っていた桑原は、エレベーターに偶然居合わせたサクラに「お前を絶対に土木にいれない」と言う。

サクラは「部長のオーデコロンの匂い強すぎる」と言い返すのだった。

 

菊夫くん、よく頑張って言えました!

桑原は異動になったのに懲りていないようですね。

土木部がどんな状態になってしまうのか、心配になります…

桑原に「土木部には入れない」と言われたサクラが、オーデコロンについて言い返したときにはスッキリしましたね!

第2話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第2話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

2話ネタバレ① 携帯がガラケー

(引用元:Twitter/@16__mackenyu)

2話のネタバレ1つ目です。

第2話で何と言っても気になったのがガラケーの時代設定だということです!

今はスマホが当たり前の世の中ですが、2010年といえば時代はガラケー。

時期設定にブレがない演出も素晴らしいですね。

Twitterの反応をみてみましょう!

ガラケー、懐かしいですね。

しっかり当時を再現しているところに、制作の細やかさが伝わります!

2話ネタバレ② 菊夫が残業で倒れた!過労死につながる?

2話のネタバレ2つ目です。

同期の菊夫が過重労働で倒れてしまいました。

上司から過酷な労働を強制され、帰ってからも接待で呼び出しされるという状況が続き、菊夫はとうとう疲れ切ってしまったのですね。

休憩中にサクラと会っても疲れた顔で居眠りしそうになっていたり、無理をして笑顔を作ったりする姿が痛々しくて…

過労死寸前ではないかと、心配で仕方なかったです。

Twitterの反応もみてみましょう!

みなさん働きすぎの菊夫くんを心配しています。

あんな上司の下では働かない方が身のためですよね。

2話ネタバレ③ 営業部の上司からのパワハラ

2話のネタバレ3つ目です。

営業部の桑原部長のパワハラがすごかったです!

かけている言葉自体は優しいのに「できません」と言えない圧をかけてくる、しかも笑顔で…

こんな上司、実際にいたら怖すぎます!!

Twitterの反応をみてみましょう。

イラつくとの声が続出!

これだけ酷い上司を演じきった丸山智己さんも素晴らしい、ということでしょう!

2話ネタバレ④ 忙しいとは心をなくすこと

2話のネタバレ4つ目です。

「忙しいとは心を亡くす」

過重労働の菊夫を心配して、菊夫の上司にサクラが物申した時の言葉です。

まさしくその通り!!

Twitterの反応をみてみましょう!

桑原と似たような上司の下で働いている方もいるのでしょう。

菊夫のように大変なときに支えてくれる仲間がいることは、心を亡くさないためにも大事なことかもしれません。

2話ネタバレ⑤ 同期のサクラに尻を叩いてもらう

2話のネタバレ5つ目です。

菊夫は自分の気持ちを桑原部長に伝える前に、自分に喝を入れるためサクラにお尻を叩いてもらいました

サクラは思いっきり叩き、菊夫が少し飛ばされていましたが、それくらいが菊夫に勇気を与えてよかったようですね。

Twitterの反応をみてみましょう!

サクラはちょっと笑えるぐらい強く叩いていましたね。

あれだけ強ければ、気合が入ること間違いナシでしょう!

2話ネタバレ⑥ 土木部に営業部部長が移動

2話のネタバレ6つ目です。

桑原部長が土木部への異動はまさか!!でした

サクラ、目をつけられたようでピンチですよね。

でも、サクラは我関せずで相変わらずマイペース…

というよりも逆に桑原部長に言い返すところがすごいです、さすが(笑)

Twitterの反応もみてみましょう!

サクラはいずれ土木部へ行くのでしょうか?

行くなると桑原部長と一緒に働くということになりますが…

サクラなら、桑原部長もギャフンと言わせてくれるかもしれないですね!!

期待しています。

第2話ネタバレへの視聴者の感想

「同期のサクラ」第2話の視聴者の感想をみていきましょう。

パワハラにあう菊夫の姿に、辛いと感じた方が多かったです。

中には過去の自分を重ねていた人もいました。

サクラのような同期がいてくれて、菊夫は本当に良かったですよね。

同期のサクラ第3話のネタバレ・視聴者の感想!

「同期のサクラ」第3話のネタバレ・視聴者の感想のご紹介です。

第3話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第3話のストーリーをネタバレしていきます。

病院で眠るサクラ(高畑充希)のそばに、赤ちゃんを抱く百合(橋本愛)がいた。

娘の名前は『夢』で、サクラが夢を追い続ける姿に影響され付けた名前だという。

百合は入社3年目直前のことを思い出す…

広報部の百合はサクラと一緒に、新規採用向けのパンフレットを作ることになった。

百合は“ミス広報”ともてはやされ、上司からの評価も高い。

しかし本当は波風を立てないよう、うまく立ち回っているだけで、結婚したら退職しようとも考えていた。

 

会社は男性社会、女性には仕事を任せてもらえないと言う百合。

本当はもっとやりがいのある仕事がしたかったのでしょうね。

能力も高そうですし人間関係も良好。

なのに結婚退職するつもりなのは、もったいないような気がします。

百合とサクラが社員食堂で食事をしていると、百合の携帯にメールが届く。

クライアントの年輩男性からしつこく食事に誘われているのだ。

取引先をないがしろにもできない百合は、半ば強引にサクラを食事に誘う。

その晩、百合とサクラは高級レストランへ。サクラが一緒なのが気に入らない男性は、百合が席をはずしている間に、サクラに先に帰れと言う。

「百合は自分に好意を持っている」と話す男性に、サクラは「百合は好意をもっていない、もう誘わないで下さい」と言ってしまった。

それを知った百合は、クライアントから苦情が来たらサクラのせいだと責める。

百合はイライラして帰宅。自宅では父が部下と酒を飲み騒ぎ、それをホステスのように母が世話をしていた。

さらに彼氏から返事を急かすメールが何通も届いており、百合はうんざり

会社にも家にも自分の居場所がない百合。

翌日、サクラがクライアントを怒らせたと、人事部に広報部長が百合を連れて押しかけてきた。

ところがサクラが謝ろうとした瞬間、地震が!!

その夜、電車が止まり自宅へ帰れなくなった百合を、サクラは自分の部屋に泊める。

サクラと話していると、諦めずに夢を追い続けているのが羨ましいと思う百合。しかし一方で、暑苦しさも感じてしまう。

 

忖度できないサクラは、またもやド直球の言葉で人を怒らせてしまいました。

セクハラから仲間を守ろうとしてのことではありますが、会社にとっては迷惑でしょうね。

百合自身にとってはどうだったのでしょう?

セクハラを受けずに済みましたし、少しホッとした部分もあったのかもしれません。

後日、彼氏からプロポーズされた百合は寿退社を決意

それを聞いたサクラは、百合の退職を仲間として止めようとする。

しかし百合は「あんたの仲間じゃない」「いつまでも夢ばかり見るな、とっと島へ帰れ」とサクラにひどい言葉を返す。

サクラは「今の百合は現実から逃げている」「女性だから仕事を任せられないのではなく、努力していないからだ」と百合に言う。

「2度と自分の前に現れるな」と言い残し、百合はその場を去ってしまった。

そして百合の退社日。会社を出ようとする百合の前に「一緒に写真を撮って欲しい」とサクラが現れた。

百合が断ると「ならばせめていい友達、いい仲間と出会ってください」と言うサクラ。

その言葉を聞いた百合の目には涙が浮かび、会社を出ることができない…

結局、百合は会社に残ることになり、ふたりは「サクラ」「百合」と呼び合う本当の仲間となった。

 

百合とサクラはお互いにキツイ言葉を掛け合いましたが、それまでの百合に本音を言い合える仲間はいなかったのだろうと思います。

百合はサクラのおかげで目が覚めたよう。

サクラのような仲間がいてくれるとは、うらやましいですね!

第3話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第3話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

3話ネタバレ① ゆりが自分に好意があると言った男性はセクハラおやじ

3話のネタバレ1つ目です。

クライアントの男性を接待しに、高級レストランへ言った百合。

サクラが一緒であっても、男性は百合の手を握ってきます。

百合は話を合わせているだけで、男性に好意をもっているようには見えませんが…

百合は男性に笑顔で接していましたから、勘違いしてしまったのでしょうか。

百合が嫌がっている以上、セクハラになってしまいますね。

Twitterの反応をみてみましょう。

年の差や百合の表情から好意などないことがわかりそうな状況でしたので、絶対断れないとふんでのことなのかもしれません。

百合がかわいそうです…

3話ネタバレ② 同期のサクラに「同期の桜」

3話のネタバレ2つ目です。

接待していた男性を怒らせたかもしれないと、イライラして百合は自宅に帰ります。

自宅ではお父さんがどんちゃん騒ぎ!

そしてカラオケで「同期の桜」を歌い出すのです。

「同期の桜」は軍歌で、同期の仲間の死を歌った曲

ご存知でしたか?

Twitterの反応をみてみましょう。

ドラマタイトルが「同期のサクラ」で読み方が同じなのは、何か意味があるのでしょうか。

サクラが死んでしまうとしたら、悲しすぎますね。

3話ネタバレ③ 地震(東日本大震災)のシーンがつらい

3話のネタバレ3つ目です。

クライアントを怒らせてしまったサクラは、広報部長と百合に謝ろうとします。

その瞬間、かなりの揺れの地震が起きるのです。

これは東日本大震災の描写でした。

東日本大震災の発生から8年以上経ったとはいえ、つらい記憶が消えていなかったり怖い思いをしたりする方もいることでしょう。

Twitterでは、東日本大震災のシーンに疑問の声があがっていました。

震災を描くのであれば、放送前にお知らせがあると良かったのかもしれませんね。

3話ネタバレ④ 高畑充希と橋本愛のバトル!方言全開のサクラがすごい

3話のネタバレ4つ目です。

百合(橋本愛)が寿退社すると知り、サクラ(高畑充希)は「百合ともっと一緒に働きたい」と止めようとします。

しかし百合はそんなサクラに「夢、夢、うるさい」「あんたおかしい」などとキツイ言葉を返すのです。

そしてサクラが言った言葉は…

ブス!ブス、ブス、ブス

さらに「もう無理して笑うのはやめれ」「そのまんまのあんたでいたらいいらん」など方言全開!

このシーンでのTwitterの反応をみてみましょう。

ふたりの女のバトル、凄かったですね。

サクラが急に方言になるところも、本音を語っているとわかるシーンでした。

3話ネタバレ⑤ サクラが社史編纂室へ異動

3話のネタバレ5つ目です。

最終的に百合は会社に残ることになり、その点は上司の黒川から褒められたサクラでしたが、クライアントを怒らせたため社史編纂室へ異動となります。

社史編纂室…ドラマにおいてはあまり良いイメージがないですね。

いずれ戻してやると言っていた黒川ですが、サクラが人事部に戻れる日は来るのでしょうか?

Twitterの反応をみてみましょう。

社史編纂室へ行っても真面目に働きそうなサクラですが、新しい出会いなどあるのでしょうか?

第4話が気になりますね。

3話ネタバレ⑥ 主題歌の「さくら」が泣ける

3話のネタバレ6つ目です。

「同期のサクラ」の主題歌は、森山直太朗さんが歌う「さくら(二◯一九)」です。

2003年にリリースされた「さくら」が、2019年バージョンとして生まれ変わった曲

ドラマでは感動しそうなところで流れて、涙を誘います。

「さくら」自体が聞いていてジーンとくる曲なだけに、ドラマのシーンが合わさるとウルウルっときちゃいますよね。

Twitterの反応もみてみましょう!

「さくら」が流れると泣けてくる、という声がたくさん!

登場人物のサクラと歌の「さくら」の響きが同じなのも、泣けてくる理由のひとつのような気がします。

第3話ネタバレへの視聴者の感想

「同期のサクラ」第3話の視聴者の感想をみていきましょう。

サクラと百合のバトルが話題ですね。

言いたいことが言い合える仲間は、ほしいと思っていても現実にはなかなかできないもの。

百合とサクラがうらやましい、と思われた方も多いのではないでしょうか。

同期のサクラ第4話のネタバレ・視聴者の感想!

「同期のサクラ」第4話のネタバレ・視聴者の感想のご紹介です。

第4話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第4話のストーリーをネタバレしていきます。

サクラ(高畑充希)は病院で3ヶ月も眠り続けている。

病室を訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手の傷痕を見て、社会人4年目の頃を思い出す。

2012年夏の出来事だ…

飛ばされた社史編纂室に1年間いたサクラだったが、真面目に仕事に取り組み、再び人事部で働くことに。

サクラはメンタルヘルスケアプロジェクトの担当として、ストレスチェックのアンケートをとるため各部署を回る。

同期のメンバーが元気そうにしている中、設計部の蓮太郎だけはイラついた様子だ。

一級建築士の試験に落ちた蓮太郎を、設計部の人たちが馬鹿にしている声が聞こえ、サクラは蓮太郎が心配になる。

蓮太郎の実家はラーメン屋で、大学生の弟も店を手伝い両親は生き生きと働いている。家族の中で自分だけ仕事に行き詰まっていた蓮太郎は、家族にも仕事にもうんざりしていた。

 

入社時はやる気満々だった蓮太郎でしたが、どんどん自信をなくしていったよう。

頑張っても認めてもらえない状況だとすれば、辛いですよね。

蓮太郎に何があったのでしょうか?

翌日は設計部のコンペの日。必死に準備した蓮太郎だったが、開始時間に会場へ行くとすでにコンペは終了していた。

蓮太郎に依頼したアンケートを受け取りにサクラが設計部へ行くと、コンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったとの話が聞こえてくる。

その場には蓮太郎本人もおり、頭にきた蓮太郎はカッターを手に取った。止めようとしたサクラだったが、もみ合いになりカッターの刃が手に当たってしまう。

サクラの手から流れる血を見て、蓮太郎は逃げ出してしまった。

その晩、サクラは蓮太郎の自宅を訪れる。

もう会社へは行かない」とサクラの話を聞き入れない蓮太郎。

無断欠勤が続きこのままではクビになってしまうと、サクラは同期のメンバーに頼み、蓮太郎を説得してもらうことにした。

しかし仲間の言葉も蓮太郎は受け入れず、サクラは「どうぞその部屋にこもって孤独死でもしてください」とキレてしまう。

帰宅したサクラはひどいことをしてしまったと紙に書き、FAXでじいちゃんに送るのだった。

 

サクラも同期のメンバーたちも、優しい言葉をかけていたのですが、蓮太郎はまったく聞き入れようとしません。

さすがのサクラもイラッときてしまったようです。

ただ、きつい言葉をかけてしまい後悔してしまうところが、サクラらしいとも思います。

翌日、蓮太郎に百合から電話が。

サクラが設計部に殴り込みに行っているというのだ。

あわてて蓮太郎が会社へ行くと、サクラは蓮太郎がコンペに出す予定だった企画書を部長にみせ、蓮太郎の素晴らしさを説明していた。

それでも取り合ってもらえないサクラを見た蓮太郎は、部長へ謝る

うまくいかないと他人のせいにし、勝手に孤独な世界に閉じこもっていた、これからの自分の夢はサクラに認めてもらえるものを作ることだと蓮太郎は言う。

さらに上司と同僚に頭を下げ「今日から一生懸命頑張る」と誓った蓮太郎を、同期の仲間たちが影から見守っていた…

 

これで蓮太郎もスランプから抜け出せたようですね!

病室で眠っているサクラに話かけている蓮太郎からは、生き生きと仕事をしている様子が伝わってきました。

第4話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第4話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

4話ネタバレ① 菊夫くんの恋がかわいらしい!次回は葵くんがライバル?

4話のネタバレ1つ目です。

第2話でパワハラ上司に疲弊していた菊夫を励ましたサクラ。

これがきっかけで菊夫はサクラに好意をもったよう。

第3話では二人は付き合っているのかと百合に聞かれ、サクラが否定すると菊夫は少々がっかりした様子をみせていました。

そして今回第4話では、ストレスチェックのアンケートをとるサクラとの会話に、菊夫は自分の恋の話をもち込みます。

菊夫が自分のことを好きだと気づいていないサクラは、他人事のように「相談に乗りましょうか?」と…

菊夫くんがもどかしくて、かわいらしい!!

Twitterの反応もみてみましょう。

さらに第5話の予告にサクラに近づいていく葵のシーンが流れ、菊夫を応援する声がたくさんあがっていました。

菊夫くん、愛されキャラ♡

サクラとの恋模様が気になりすぎます!

4話ネタバレ② 蓮太郎への社内いじめがひどい

4話のネタバレ2つ目です。

蓮太郎は、社内でいじめにあっていました。

コンペの時間変更を教えてもらえなかったり、1級建築士の試験に落ちたことをバカにされたり。

会社の後輩までもが、蓮太郎を傷つけるような言葉をかけてきます。

これはひどい…

Twitterの声もみてみましょう。

蓮太郎は仕事をさぼっている訳ではありませんし、誰かをバカにすることもありません。

悪いことは何もしていないのに性格が暗いからといじめるのは、もってのほか!!

大人はもちろん、子供だってやってはいけませんよね。

4話ネタバレ③ ラーメン屋の土井家は朝ドラの仲良し家族かよ

4話のネタバレ3つ目です。

蓮太郎の自宅(土井家)では、父と母がラーメン屋を営んでいます。

父が脱サラし手始めたラーメン屋を母は応援し、さらに弟も手伝っているのです。

しかも生き生きとしていて楽しそう!

この状況を蓮太郎は「朝ドラの仲良し家族かよ」と表現。

たしかに、朝ドラに出てきそうな設定ですね(笑)

Twitterの声もみてみましょう!

サクラを演じている高畑充希さんも、蓮太郎を演じている岡山天音さんも朝ドラ出演されていたということで、ツッコミの声があがっていますね。

さらに「同期のサクラ」の脚本を担当しているのは、遊川和彦さん。

遊川さんもNHK連続テレビ小説「純と愛」の脚本を担当されていました!

「あまちゃん」の橋本愛さんもいますし「同期のサクラ」自体も朝ドラ家族に近いですね。

4話ネタバレ④ 蓮太郎くんのお母さんは糸ちゃんママ

4話のネタバレ4つ目です。

ラーメン屋を営む土井家ですが、蓮太郎の父を支えるお母さんに見覚えが。

「過保護のカホコ」の糸ちゃんママ、西尾まりさんです!

第4話には糸ちゃんママ以外にも、歩きスマホをする女性役で糸ちゃんこと久保田紗友さんが登場!

さらに第1話で気付かれた方もいるかと思いますが、サクラが勤める会社の社長はカホコのおじいちゃん、西岡徳馬さん

Twitterでも話題です!

5話以降も「過保護のカホコ」のキャストさんが出演されるのでしょうか?

楽しみですね!

4話ネタバレ⑤ 辛いときにはアンパンマンを思い出せ!

4話のネタバレ5つ目です。

会社を無断欠勤していた蓮太郎ですが、設計部長を説得するサクラの姿をみて「これから頑張る」と誓います。

そんな蓮太郎を、辛くなったら「アンパンマン」の歌を思い出そうと仲間たちが励ますのです。

このシーンでのTwitterの反応をみてみましょう!

「アンパンマン」の歌は深いですね。

自分を励ましたいときは「アンパンマン」の歌が心の薬になりそう!

4話ネタバレ⑥ サクラの故郷・美咲島に架ける橋の工事が無期延期に

4話のネタバレ6つ目です。

サクラの故郷・美咲島に架ける橋の工事が第4話で無期延期となりました。

美咲島に橋を架けるのはサクラの大事な夢

サクラは希望の土木部にいつ行けるかもわかりませんし、そのうえ橋の工事も延期。

夢が叶うのが大分遠くなってしまったようです。

Twitterの声もみてみましょう!

いつ工事ができるかはわからないとのことで、心配する声があがっていますね。

あきらめないサクラのことですから、どんな状況でも頑張ることでしょう。

サクラが土木部へ行き、橋を架ける夢が叶うよう応援したいですね!

4話ネタバレ⑦ 私には夢があります

4話のネタバレ7つ目です。

いつも自分の夢を忘れず、ひたむきに生きているサクラ。

困難なことにぶつかり、状況が打破できないと感じたときには、このセリフが飛び出すのです。

「私には夢があります」

言ったからといって、すぐに問題解決ということにはなりません。

しかし堂々と自分の夢を語り、少しづつ夢を叶え始めたサクラがうらやましくなりますね。

Twitterの声もみてみましょう。

何があってもめげずに頑張っているサクラが言うと、感動しますよね!

「一生信じ合える仲間」「たくさんの人を幸せにする建物」サクラの夢は素敵です(^^)

第4話ネタバレへの視聴者の感想

「同期のサクラ」第4話の視聴者の感想をみていきましょう!

徐々にサクラのキャラクターに馴染んできたと感じている方もいますね。

実は私もそう。

忖度できないサクラですが会社にも馴染んでいるようですし、仲間を思って突っ走る姿には心のあたたかさを感じます。

毎回泣けるとの声があがる「同期のサクラ」ですが、第5話以降は号泣する人が出てくるかもしれません!

同期のサクラ第5話のネタバレ・視聴者の感想!

「同期のサクラ」第5話のネタバレ・視聴者の感想のご紹介です。

第5話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第5話のストーリーをネタバレしていきます。

病室で眠ったままのサクラ(高畑充希)の横には、葵(新田真剣佑)がいる。

葵が手にしている手帳には「たいへんよく出来ました」と書いてあるシールが。

2013年夏…

入社5年目のサクラは、それまでと変わらない日々を送っていた。

サクラはすみれ(相武紗季)と一緒に社内表彰の仕事をすることになり、葵(新田真剣佑)が社長賞に決まったと知る。

表彰式で葵はお得意の弁舌でスピーチ。自分は社内で認められていると思った葵だったが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われ複雑な表情に

葵の父(矢島健一)は国土交通省の高級官僚なのだ。

所属する都市開発部へ意気揚々と戻った葵だったが、必死に計画してきたプロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されると聞く。

「みんなで何とかしましょう」と声をかけた葵に、上司は自分のコネを使ってこの状況をなんとかしろと言う。葵は再び複雑な気持ちに。

高級住宅街にある自宅へ帰った葵は、プロフェクト凍結の件を父に話そうとするが、父もエリート官僚の兄(木村了)も一切耳を貸さない。

翌日出社した葵は、父に話ができなかったとも言えず別の方法を提案しようとするが、上司からお前の実力など認めていない、ただのコネ入社だと言われ落ち込んでしまう。

葵は家でも会社でも劣等感を感じていた…

葵を励ましたいサクラはじいちゃんにFAXを送り、悩みを相談するのだった。

 

葵は父や兄に認められようと頑張ってきたのでしょう。

自分自身よりもコネが評価されていたなんて、悲しすぎです。

それに葵が話そうとしているのに、途中でさえぎって聞こうとしない父と兄にも腹が立ちます!

翌朝、自分を見失ってしまった葵は、道路を走るトラックの前へと歩いていく。

トラックに轢かれる寸前で、サクラが葵を引っ張り助けた

サクラは葵を励まし、新人研修のときに葵が話した言葉に心が震えたこと、葵には“価値”があることを話す。

葵が少しづつ落ち着きを取り戻すと、会社に葵の父と兄が来ていると連絡が。

プロジェクトの凍結を見直してくれるのかと思いきや、凍結は決定事項だとダメ押しに来ただけだった。

葵は父と兄に、それでも国のリーダーなのか何のために官僚になったのだと訴える。

それを聞いた父は「御社とは縁を切る」と言い出す。

葵が個人的な意見だとその場をおさめようとしたところへ、サクラが「自分も同意見だ」と同調。

葵の父は何も言わず、会社を出ていった

終業時刻。同期たちは、仕事が終わった葵を会社玄関で待ち伏せ。

出てきた葵のほっぺにに、サクラは「たいへんよくできました」と書いているシールを貼ってあげると、葵はありがとうと涙ぐむ。

しかし翌日、サクラは黒川に異動を言い渡された。

葵は土木部へ、サクラは子会社への出向となった。

 

葵が元気を取り戻せて良かったのですが、サクラは子会社へ出向となり土木部へ行くのはさらに難しくなりました。

サクラは大丈夫だといいますが、本当でしょうか?

出向先でうまくやっていけるのか、心配です。

第5話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第5話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

5話ネタバレ① 葵くんのお兄さん役として登場したのはあの人!

5話のネタバレ1つ目です。

第5話では、葵のお兄さん役として木村了さんが出演!

高級官僚という役柄で、葵には威圧的な態度をとっていましたね。

しかし恐ろしいほど美形でかっこいい兄弟ではありませんか!

Twitterの声もみてみましょう。

葵役の新田真剣佑さんと木村了さんは、舞台「花より男子The Musical」で共演されています。

調べたところ「同期のサクラ」は、それ以来の共演となったようです。

おふたりの過去の共演作も見てみたくなりますね。

5話ネタバレ② 葵役の新田真剣佑(マッケン)がかっこよすぎる

5話のネタバレ2つ目です。

第5話は、マッケンこと新田真剣佑さん演じる葵が中心のストーリー

今回は真剣佑さんの演技に注目が集まりました!

もとの顔がかっこいいうえ演技もうまいとくれば、ドラマの放送中にキュンキュンされた方も多いことでしょう。

Twitterの声をご紹介!

頑張ったご褒美だと、サクラからほっぺにシールを貼ってもらうシーンは感動しました!

最初はキョトンとしていたのに、涙で目がうるんでしまう葵…

嬉しいほかに、ほっとした気持ちもあったのでしょう。

こちらも涙せずには見ていられなかったです。

5話ネタバレ③ 家族が官僚の葵はコネ入社

5話のネタバレ3つ目です。

葵のお父さんとお兄さんは、官僚でした。

会社で実力を認められていると思っていた葵は、上司に「お前はただのコネ入社だ」と教えられ落ち込んでしまいます。

葵が会社にいれば官僚との接点ができますし、あわよくば会社に都合のいいように利用できると採用されたのでしょう。

入社5年目にしてその事実を知った葵、かわいそうです…

葵も好きで官僚の子供に産まれてきたわけではないですから、コネ入社といわれたら傷つきますよね。

5話ネタバレ④ 葵のキスにサクラがビンタ!

5話のネタバレ4つ目です。

会社でも認められていなかったと知り、やけ酒を飲みつぶれてしまった葵をサクラは自宅まで送り届けます。

サクラは、葵のプロフェクトはたくさんの人を幸せにするから凍結を見直してほしいと、葵の父と兄に直談判。

それをみた葵は、話を聞いてほしいと父と兄に土下座しますが取り合ってもらえず…

父と兄がいなくなると、葵はサクラに「俺と付き合わない?」とキスしようとしますが、その瞬間サクラはビンタで応酬!!

「あまりに心にもないことを言うから」と言い残し、サクラは帰宅するのでした。

このシーンでのTwitterの反応をみてみましょう!

ヤケになってキスされても嬉しくないですからね。

サクラは正解でしょう!

5話ネタバレ⑤ 「勝ち」より「価値」に納得

5話のネタバレ5つ目です。

葵を励まそうとしても、うまくいかないサクラ。

いつものように自分の気持を手紙にし、じいちゃんにFAXします。

じいちゃんからは、大切なのは「勝ち」より「価値」だとの返信が!

このシーンでのTwitterの反応をご紹介します。

勝つことよりも、自分の価値を知るほうが大事。

誰でにも思い当たるところがあるのではないでしょうか。

いつも心に響く言葉を、達筆な文字で書いてくれるじいちゃん。

サクラがうらやましいです!!

5話ネタバレ⑥ 今回も感動の声多数!

5話のネタバレ6つ目です。

放送後は毎回「感動した!」との声があがる「同期のサクラ」。

今回も感動の声がたくさんあがっていました!

Twitterの声をご紹介しましょう。

私は回がすすむにつれて、涙の量が増えています。

第1話と比べても、ぐっと引き込まれる内容の第5話でした!

第5話ネタバレへの視聴者の感想

「同期のサクラ」第5話の視聴者の感想をみていきましょう。

サクラを好きになった葵と菊夫の話題でもちきりです。

しかもラストで2019年の葵が、病室のベッドで眠るサクラの手をとって「おれはあの時お前を好きになった」というシーンが!!

サクラ、モテモテです~♡

恋愛要素も絡んできた「同期のサクラ」。

次回第6話が待ち遠しくなりました。

同期のサクラ第6話のネタバレ・視聴者の感想!

「同期のサクラ」第6話のネタバレ・視聴者の感想のご紹介です。

第6話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第6話のストーリーをネタバレしていきます。

サクラ(高畑充希)の先輩だったすみれは、病室で眠るサクラに中学生になった娘の写真を見せる。

2014年10月のことだ…

サクラは社会人6年目。一見何も変わらないサクラだだったが、このままの自分でよいのかと迷いも感じ始めていた…

花村建設では評論家の椿美栄子を招き、女性社員向けの講演会を行うことに。椿は社長(西岡德馬)と仲が良く、椿の機嫌を損ねるようなことがあってはならない。

人事課のすみれと広報の百合を中心とした、女性だけのプロジェクトチームが結成され、出向先の代表としてサクラもそこへ加わる。

しかし椿のマネジャーとの打合せでトラブルを起こしたサクラは、プロジェクトチームから外されてしまった

 

社長相手でも「違うものは違う」とはっきり言うなど、自分の気持ちに正直に生きてきたサクラ。しかし子会社に出向となった今では、希望の土木部へ行けるのかどうかすら全くわかりません。

また、子会社への出向をじいちゃんに知らせておらず、サクラが自分の生き方に迷いを感じていたのがわかります。

さらに講演会の打ち合わせで、またもや失敗。

いくらサクラでも、悩んでしまいますよね。

働く女性を応援していることで有名な椿。しかしそれは表向きだけで、次から次へと理不尽な要求をする椿に、すみれは疲れ果ててしまう

さらにシングルマザーとして娘のつくし(8歳)を育ているすみれに、今度は学校から連絡が入る。

ダンゴムシで遊んでいたのをバカにされ、つくしが友達を殴ってしまったとのこと。

「自分の好きなようにしたい」と言うつくしだが、すみれは「人はいつまでも好きなようには生きられない」と叱ってしまう。

そこへ椿のマネージャーからまた電話が。これから打ち合わせをしたいとの内容だった。

「一人で帰るのは嫌だ」と言うつくしを連れ、すみれは仕方なく会社へ戻る。

椿にペコペコする母の姿を見たつくしは納得がいかない様子。「父のところへ行く」と、すみれから離れていってしまった。

仕事も子育ても頑張ってきたすみれだったが「つくしもいなくなり、なんのために頑張ればよいのかわからない」とヤケ酒を飲む。

そんなすみれを見たサクラは、じいちゃんにどうしたらよいのかと手紙を書きFAXで送るのだった。

 

シングルマザーとして仕事をしながら子供を育てていくのは、並大抵のことではないと思います。

仕事でペコペコしていると娘には辛く当たられましたが、すみれも好きでやっているわけではないですし、悲しくなりますよね。

講演会当日、会場にはつくしの姿が。サクラが「すみれが自分を殺して謝っているのは、会社の人を守ろうとしているから」と話し、連れてきたのだった。

椿の講演会がはじまったものの、目新しい内容もなく、予定時刻よりかなり早く公演が終了。

すみれは「本を売りたいだけのセミナーではないか」と抗議する。

同席していた社長に「こんなことをしてどうなるのか、わかっているのか?」と言われたすみれだったが「構わない、もう嘘をつかずに生きていくと決めた」と言い返す。

そんな母の姿をみたつくしは「かっこいい、大好き」とすみれに抱きついたのだった。

その後、子会社の勤務先でサクラはすみれと会う。

そのままのあなたでいい、なにかあれば私を頼りなさい」とすみれに言われたサクラは「今の会社にきて初めて褒められた」と目に涙を浮かべるのだった。

 

内容の薄いセミナーのために自分を殺していたなんて、バカバカしくなりますよね。

そこで立ち上がったすみれも凄いと思います。

現実には、会社での自分の立場が危うくなると思い、言いたくてもグッと我慢するという方が多いのではないでしょうか。

すみれは結局、社史編纂室へ異動。

会社は波風立てない人材が必要なのでしょうか?

社長のワンマン経営ぶりがうかがえ、あまりいい会社とは思えませんね。

第6話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第6話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

6話ネタバレ① 葵くん(新田真剣佑)のルックスはそこそこ、じゃなくてかなりいい!

6話のネタバレ1つ目です。

講演会の打ち合わせトラブルを起こしてしまったサクラ。

エレベーターの中で、この機会にプライベートを充実させたらと百合に合コンに誘われます

そこへ乗り込んできたのが葵でした!

合コンの話を聞いた葵は、サクラに好きな人がいるのか確認。

サクラが「そんな気にはなれない」と言うと、葵は「サクラを好きな人が告白してきらどうか」と探りをいれますが、それでもサクラは「付き合わない」と。

すると葵は、

「そいつはそこそこルックスも…だいぶルックスもいいし、性格も前より誠実になっていたら?」

と尋ねますが、サクラは「付き合いません」と即答。

自分のルックスを“そこそこ”から“かなり”に格上げした葵くんへの、Twitterの反応をご紹介!

新田真剣佑さん演じる葵のルックスは“かなりいい“で間違いないのですが、自分で言ってしまうところと、サクラにばっさりと斬られてしまったところが笑えましたね!

葵くん、がんばれ!!

6話ネタバレ② サクラに好きと言えない菊夫くんがかわいい

6話のネタバレ2つ目です。

いつもの喫茶店へコロッケ定食を食べに行ったサクラ。

そこへ居合わせたのが、菊夫と蓮太郎でした。

蓮太郎から「葵がサクラを好きなようだ」と聞いた菊夫は、ショックをうけスプーンを落としてしまいます。

のんびりしてはいられないと、サクラに「好き」と伝えようとする菊夫ですが…

「おれ、お前のことがすゥ…心配なんだよ」と一度目は失敗。

「なにか辛いことがあったら言ってくれ、おれはお前の…仲間だからさ

さらに二度目も失敗。

このシーンでのTwitterの反応をご紹介!

「好き」と言いたいのに引っ込めてしまう菊夫くん、かわいかったですね!

好きと言えないもどかしさに、自分のおでこをガンガン叩くシーンには笑ってしまいました。

6話ネタバレ③ 椿のマネージャーがスカッとジャパン

6話のネタバレ3つ目です。

花村建設に招いた評論家の椿美栄子のマネージャーが「スカッとジャパン」だと話題になっていました。

Twitterの声をご紹介します。

椿のマネージャー米田を演じていたのは、宍戸美和公さん

フジテレビの「痛快TVスカッとジャパン」のケチケチ母ちゃんシリーズに出演している女優さんです。

今回もかなり図々しい役柄で、スカッとジャパンを思いされた方も多かったよう。

図々しい女性をちょっとコミカルな感じも含みつつ宍戸美和公さんが演じられており、おかげで今回の同期のサクラも盛り上がりましたね!

6話ネタバレ④ じいちゃんのコロッケが食べたい人続出

6話のネタバレ4つ目です。

すみれは娘のつくしが通う学校から再び会社へ戻り、椿らと打ち合わせをしますが、その後食事に誘われます。

つくしもいたため、すみれが断ろうとするとサクラが現れました。

つくしを自宅で預かったサクラ。

つくしに出した夕ご飯は、コロッケでした!

サクラは、このコロッケはじいちゃんの作ったものに味が近いと言います。

とても大きなコロッケで、おいしそう!

このシーンを見て、じいちゃんのコロッケが食べたくなった人が続出!

じいちゃんのコロッケ、実際に販売されたらかなり売れそうです(^^)

6話ネタバレ⑤ すみれ役の相武紗季の演技が泣ける

6話のネタバレ5つ目です。

「同期のサクラ」第6話は、相武紗季さんが中心のストーリーとなりました。

サクラの先輩とつくしの母を演じた、相武紗季さんの演技が話題です!

サクラの家から帰りたくないと言うつくしを、すみれがビンタするシーンがありましたね。仕事も子育ても大変でいっぱいいっぱいなのが伝わるシーンでした。

それとサクラに「そのまま生きていきなさい」と語るシーンは泣けます!

サクラが嬉しくて泣いたシーンも初めてだったような。

サクラが花村建設に来てから本当の意味で心に寄り添ってくれたのは、すみれが初めてだったのかもしれませんね。

6話ネタバレ⑥ 「お母さんはそばにいるだけでいい」サクラの言葉がささる

6話のネタバレ6つ目です。

つくしにどう接すればよいのか悩むすみれに、サクラはこう言います。

「お母さんはそばにいるだけでいい」

サクラの両親は、つくしと同じ8歳のときに亡くなっています。

そんなサクラだからこその言葉ですね。

Twitterの声をご紹介!

本当はすごくシンプルなことなのですが、日々いろいろなことがあると、どうにかしようともがいてしまいがち。

サクラの「そばにいるだけでいい」との言葉に、感動した方も多かったようです。

6話ネタバレ⑦ 左手の指輪はすみれさん再婚!つくしのお父さんは蓮太郎?

6話のネタバレ7つ目です。

2019年のサクラに話しかけているすみれの左手薬指には指輪が!

これを見た視聴者からは、すみれの再婚相手は蓮太郎ではないかとの声があがっていました。

根拠になるのは、このシーン。

つくしを自宅で預かったサクラでしたが、つくしのゲームに付き合うことができず、ゲームが得意な蓮太郎に助けを求めて電話をします。

蓮太郎と遊んだつくしは、楽しいから帰りたくないとタダをこねてしまうのです。

Twitterの声をご紹介しましょう!

みなさんよく見ていますね、凄いです!

蓮太郎がベッドで眠るサクラに話しかける第4話のシーンで、蓮太郎も指輪をしていたとのこと。

ということは、蓮太郎とすみれの恋も描かれる!?

これはますます楽しみが増えましたね。

6話ネタバレ⑧ サクラが見たのはどこからどこまでが夢?

6話のネタバレ8つ目です。

6話のラストで、サクラは人事部の黒川課長(椎名桔平)から呼び出され、故郷の美咲島にかける橋の着工再会が決まったと聞かされます

サクラが家に帰り、この件を手紙でじいちゃんにFAXしようとしたところへ、じいちゃんからFAXが!

橋は架からない」「おまえの夢は叶わない」との内容でした。

愕然としたサクラでしたが、それは眠っていたときの夢…

Twitterでは「どこからどこまでがサクラの夢?」との声があがっていました。

じいちゃんのFAXは夢なのはわかりましたが、美咲島に架ける橋の工事再会は夢なのでしょうか?

第6話はサクラが飛び起きるシーンで終わってしまい、よくわかりませんでした。

第7話が気になりますね。

第6話ネタバレへの視聴者の感想

「同期のサクラ」第6話ネタバレへの視聴者の感想をみていきましょう。

すみれのおかげで、サクラは自分らしさを捨てずに済みそうです。

同期の仲間に恵まれ、素敵な先輩をもつサクラ。

サクラが周りを変えつつ、サクラ自身も周りに支えられている、素敵なドラマですね!

これは大ヒットドラマとなる可能性も出てきたのではないでしょうか。

次週にも期待ですね。

同期のサクラ第7話のネタバレ・視聴者の声!

「同期のサクラ」第7話のネタバレや視聴者の声のご紹介です。

第7話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第7話のストーリーをネタバレしていきます。

病室のベットで眠るサクラ(高畑充希)に、上司の黒川(椎名桔平)は語りかけていた。

2015年、まだ子会社に勤務していたサクラ。

ある日黒川から「故郷の島に架かる橋の件で、工事に問題があると聞いた島民が不安を抱えている。住民説明会で説明して島民を安心させて欲しい」と頼まれる。

工事について確認したところ問題はなく、サクラは住民説明会への出席を承諾。

その晩、サクラは「島へ行く」と同期たちに話す。

その際、蓮太郎(岡山天音)とすみれ(相武紗季)が付き合っている事が判明。サクラはお似合いだと喜ぶ。

数日後、サクラは同期たちと故郷の島へ。

島に着いたサクラは顔馴染みの島民から、祖父・柊作(津嘉山正種)の具合が最近よくないと聞く。

急いで家に帰ったサクラは柊作を心配するが、当の柊作は聞こえないふり…

その頃、土木部の仕事で島に来た葵は、島に架ける橋の工事には問題があると把握しており、それをサクラに伝えるべきか迷っていた。

 

橋の工事も気になりますが、じいちゃんの柊作の具合がよくないのも心配です。

なんだか嫌な予感がしますね…

その夜、サクラのじいちゃんの家に集まり、入社してからの思い出話に盛り上がる同期の面々。

同期たちはサクラがお風呂の準備をしている間、柊作から「自分はもうすぐ死んでしまう、サクラをよろしく頼む」と頭を下げられる。

葵(新田真剣佑)は翌朝、橋の基礎の強度が弱いという工事の問題点をサクラに明かすのだった。

それを聞いたサクラは土木部長の桑原(丸山智己)に詰め寄る。しかし「国の基準は満たしているから問題無い、説明会がうまくいけば土木部に呼んでやる」と言われてしまう。

サクラは故郷の島に橋を架ける夢を叶えるか、それとも諦めるのか、選択を迫られていた。

悩んだサクラは相談しようと柊作のもとへ行くが、柊作の顔を見たサクラは言葉に詰まってしまう。

私は大人になれるだろうかと尋ねたサクラに、柊作は「大人になる必要は無い」と返す。

結局、悩んだままサクラは会場に到着。同期達は、自分らは何があってもサクラの仲間だと励ます。

そして壇上に立ったサクラは「安全とは言い切れない橋をこの島に架けることはできない」と涙を流しながら島民に謝罪する。サクラは夢を諦めたのだった。

 

第2話で登場したパワハラ桑原部長が再登場!

相変わらず自分のことしか考えておらず、腹が立ちますね。

橋の基礎強度は国の基準は満たしているものの、絶対安全とはいえない状況でした。

島民にどう伝えるべきなのか、これはサクラでなくとも迷いますね。

落ち込むサクラが家に帰ると、柊作は倒れて冷たくなっていた。柊作にしがみつき、泣き叫ぶサクラ…

葬儀を終え東京に戻ったサクラの部屋には、柊作が生前に送ったFAXが届いていた。

『桜は決して枯れない。たとえ散っても必ず咲いて沢山の人を幸せにする』

それを見たサクラは返事のFAXを送る。しかし柊作からの返信は無い…

サクラは何かが爆発したように暴れ出す。

その後、サクラと連絡が取れず心配した百合(橋本愛)は、サクラの部屋を訪ねる。そこにはポツンと座り込むサクラの姿が。

百合が声をかけると「仕事に行かなければ」と呟き、サクラは部屋を出て行く。

2019年、病室にいた黒川は1年以上出社してないサクラの横に解雇通達書をそっと置くのだった…

 

サクラは故郷に橋を架けることができず、心の支えだったじいちゃんまで亡くなってしまいました。

心が折れてしまったサクラがとても心配です。

第7話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第7話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

7話ネタバレ① 蓮太郎とすみれのお付き合いにビックリ!!

7話のネタバレ1つ目です。

喫茶店に集まった同期たちに、蓮太郎から報告がありました。

一つ目は「一級建築士に受かったこと」そしてもう一つは「付き合っている人がいる」とのこと。

そこへ現れたのは、すみれの子供…

「犯罪だ考え直せ」と同期たちが言っていると、すみれがお店に入ってきます。

蓮太郎のお相手は、すみれでした!

このシーン、Twitterでは「蓮太郎とすみれが付き合っていてビックリした」との声があがっています。

なかなかお似合いの二人でしたね!

7話ネタバレ② どんどん可愛くなる葵くん

7話のネタバレ2つ目です。

島に架ける橋の工事について、島民に説明することになったサクラ。

葵は会場に入ろうとしたサクラに伝えます。

俺はお前が好きだ…仲間として。だからサクラの思ったとおりにやれ、おれは全力で応援する」

「葵くん、ここで告白?」と思ったのですが、これからサクラが大きな決断をしようという時ですから、さすがに愛の告白はできませんよね。

Twitterでは、サクラを応援する葵くんが可愛いと話題です!

以前は上から目線で話しをしていた葵くんですが、第5話でサクラに救われてから優しくなりましたよね。

さりげなくサクラへ恋心を伝えようとする葵くんの姿が、どんどん可愛くなってます!

7話ネタバレ③ サクラを守る菊夫がかっこいい!

7話のネタバレ3つ目です。

島民への説明会で「橋を架けることはできない」と言ったサクラ。

同席していた桑原部長から「自分で自分の夢を潰すなんて馬鹿、こんなことしてどうなるかわかっているのか?」と責められてしまいます。

ここで言い返したのは菊夫でした。

これ以上傷つけないで下さい、サクラは正しいことをした」

2話で桑原部長にパワハラされ、サクラのおかげで立ち直れた菊夫。

今度はサクラを守ったのです!

Twitterでは菊夫くんがかっこいいとの声があがっていました。

説明会の前に「サクラが何か言われら、上司にガツンと言ってやるよ…多分」とサクラを励ましていた菊夫くん。

「多分」じゃないではありませんか!!

有言実行した菊夫くん、かっこいいですね。

7話ネタバレ④ 「私のために争わないでください」はあの曲

7話のネタバレ4つ目です。

島民へどう説明しようかと迷うサクラをみて、同期たちは一緒に考えます。

しかし「正直に言う」「国の基準は満たしているから大丈夫ではないか」それぞれの言い分がぶつかり合い、ケンカに。

そこで飛び出したのがサクラのこのセリフでした。

「ケンカをやめてください。私のために争わないでください」

ん?これってあの曲のフレーズですよね。

竹内まりやさんが作詞作曲し、河合奈保子さんが歌った「けんかをやめて」

Twitterでも気付かれた方がいました!

正確な歌詞は「けんかをやめて 二人を止めて 私のために争わないで」でした。

これは脚本家さんの狙いでしょうか?

知っている人、みんな思い出しますよね(笑)

真剣なシーンでしたが、私もこの曲を思い出し「プッ」と笑ってしまいました。

7話ネタバレ⑤ じいちゃんのコロッケが食べてぇが悲しい

7話のネタバレ5つ目です。

じいちゃんの葬儀の後、帰宅したサクラの部屋には、じいちゃんからのFAXが届いていました。

それを見たサクラは、泣きながら返事を返します。

「これからどうすればいいんだて?じいちゃんに会いてぇ、じいちゃんの作ったコロッケがたべてぇ

しかし亡くなったじいちゃんから、返事がくることはありません。

するとサクラは部屋の中の物を投げ散らし、泣いてしまうのです。

Twitterでは、サクラの「じいちゃんのコロッケが食いてぇ」が悲しいとの声があがっていました。

「じいちゃんコロッケが食べてぇ」はサクラの悲痛な叫びになってしまいました。

もう二度とじいちゃんのコロッケを食べることはできません。

これからサクラはどうやって元気を取り戻していくのでしょうか?

頑張れ、サクラ!!

7話ネタバレ⑥ 嫌なことばかりのサクラに大号泣する視聴者続出

7話のネタバレ6つ目です。

故郷の島に橋を架ける夢は叶わず、じいちゃんまで亡くなってしまったサクラは嫌な出来事ばかり

そんなサクラをみて、大号泣する視聴者が続出です!

これほどまでに嫌なことが重なると、悲しすぎますよね。

サクラが自分の生き方は正しいのかと悩む姿を見てきただけに、私もサクラがかわいそうで仕方ありませんでした。

7話ネタバレ⑦ 「沢山の人を幸せにする」じいちゃんのFAXに感動

7話のネタバレ7つ目です。

サクラの部屋に届いていたじいちゃんからのFAXは、こう書かれてありました。

「桜は枯れない 例え散っても 必ず咲いて 沢山の人を幸せにする」

じいちゃんからの最後のメッセージが感動するとの声があがっています。

じいちゃんは、自分が死んだらサクラはどうなってしまうのかと心配だったんですよね。

死ぬ間際までサクラのことを考えていたじいちゃんには、泣けてきました。

そして、じいちゃんからの強いメッセージにも感動です!

7話ネタバレ⑧ サイドストーリーはHuluの「リクエストのミタ」

7話のネタバレ8つ目です。

7話が終わると、サイドストーリーについてのお知らせが流れました。

サイドストーリーは「Hulu」での配信で、タイトルは「リクエストのミタ」

“ミタ”は、なんでも出てくる喫茶店「リクエスト」の店主の名前だそう。

ミタさんは、伝説の家政婦だとか(笑)

サイドストーリーは、ミタさん目線のストーリーが展開されるとのことです。

すでにご覧になった方もいましたので、感想をご紹介します。

なんだかとても楽しそうですね!

第7話ネタバレへの視聴者の声

「同期のサクラ」第7話ネタバレへの視聴者の声をみていきましょう。

やはり大号泣された方がたくさんいますね。

もちろん私もそのうちの一人です。

ティッシュ50枚くらい使いました(笑)

この先のサクラが心配ですが、最後まで応援しようと思います!

同期のサクラ第8話のネタバレ・視聴者の声!

「同期のサクラ」第8話のネタバレと視聴者の声のご紹介です。

第8話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第8話のストーリーをネタバレしていきます。

2019年12月、サクラの病室に同期4人がいる。そこへサクラの隣人夫婦がやってきて「サクラがこうなったのは私たちのせいだ」と謝る。

時はさかのぼり2016年11月。

出勤中にふと足を止めたサクラは自宅へ戻ってしまう。その後もサクラは出社せず、欠勤の状態が続く

そして2018年1月。心がふさいだサクラは、1年以上も休職状態が続いていた。

心配した百合(橋本愛)・菊夫(竜星涼)・蓮太郎(岡山天音)が、サクラを励まそうと動いたが効果はなし。

葵(新田真剣佑)は「俺と結婚しないか?」とプロポーズするも撃沈。サクラは「いい奥さんになんてなれない」と大声で笑い出し止まらなかった。

サクラには同期たちの言葉さえ響かない。

喫茶リクエストに集まった同期たちが、どうしたものかと話し合っていると、1週間分の食事を調達しにサクラが店に現れた。

同期たちは「自分たちはサクラに救ってもらった」「頑張ってくれ」と、再びサクラを励ます。

しかしサクラは「励まされるのが辛い、もう仲間と思わないで」と言い残し立ち去ってしまった。

 

サクラはふさぎ込んでしまい、誰の言葉も響きません。

目が死んだようになったサクラが心配です。

その後も部屋にこもり続けるサクラの元に、花村建設から解雇予告通知書と「一度会社へ来い」と書かれた黒川(椎名桔平)のメモが届く

サクラは専務になった黒川を訪ねると、退職届を提出するのだった。

その帰り、サクラは店先で販売していたAIスピーカーに目が止まる。

時は流れ2019年3月。

百合が出産していた。父親は葵だったが、百合は一人で子供を育てると言う。

生まれた子の名前は「夢」。葵と百合が考えた名前だ。

病院にいた葵と百合の元に、菊夫と蓮太郎がやってくる。

「なぜ結婚しない?」と問う菊夫と蓮太郎に、理由は後で話すと言う百合。

百合には、それよりもっと話しておきたいことがあったのだ。

「サクラの祖父から『サクラの事をよろしく頼む』と頭を下げられた事が心に残っている、このままでいいのか」と皆に問いかけた百合は、アイデアがあるから協力して欲しいと話す。

 

第3話で百合が赤ちゃんを抱っこしていましたが、父親が葵だったとは驚きました!

葵はどんなつもりで百合と付き合っていたのでしょうか?

それとも、付き合っていなかったのにできちゃった??

「葵はまだサクラのことが好きだ」と言っていた百合。

結婚しないと決めた理由が気になりますが、この答えは第9話以降のお話となるようです。

まだ引きこもったままのサクラは、家具も何もない、がらんどうの部屋で暮らしていた。

そんなサクラの話し相手は、AIスピーカーのみ…

ある日、サクラのスマホの着信音が鳴る。番号非通知だったが、サクラが通話ボタンを押すと、FAX音が聞こえてきた。

しかし、サクラの部屋にはもうFAX機は無い。

すると玄関扉の隙間から、次々と文字が書かれたFAX用紙が入ってくる。

「俺たちはいつまでも待ってる」

「サクラのいない世界に生きていたくない」

祖父のFAXを真似た百合のアイデアだった。

同期からのFAXを見たサクラは涙し、やっと仲間の強い思いを受けとめる。

表に出て皆を探すサクラだったが、途中でバイクに跳ねられそうな子供を救い負傷する。

子供の親は隣人夫婦だった。一度は立ち上がり自力で部屋に戻ったサクラだったが、同期の写真を眺めながら気を失っていく…

そして現在。眠っていたサクラの目から一筋の涙が。そして、その目はやがて開いて…

 

サクラが病室でずっと眠っていた理由は、バイク事故に遭ったからだとわかりました。

前を向いて生きていこうとすると、いつも災難がふりかかってくるサクラ。

不憫で仕方がありません。

第8話のラストでようやく目覚めましたから、ここからの快進撃に期待しています!

第8話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第8話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

8話ネタバレ① さくらはカレーを一週間分頼んでいた

8話のネタバレ1つ目です。

じいちゃんが亡くなってから部屋にこもってしまったサクラ。

同期たちがどう頑張ってもサクラは変わろうとしません。

喫茶店リクエストに集まった同期たちが、どうしようかと話し合っていると、サクラが登場!

サクラは同期たちに気付かず、1週間分のカレーを注文します。

このシーンでのTwitterの声がこちら!

外に出ていないと思ったら、一度に一週間分のカレーを作ってもらい生き延びていたようです。

しかも同期たちの存在に気付いたサクラは、自分のことは構わないでくれと店を後にしますが…

カレーは受け取らないまま出ていってしまったのです。

あの後のカレーはどうなったのでしょうか?

もしかすると、後で受け取りに来たのかもしれませんね^^;

8話ネタバレ② プロポーズした葵がかっこよすぎかよ

8話のネタバレ2つ目です。

サクラに元に戻って欲しいと、同期たちはそれぞれサクラを外へ連れ出します。

もちろん葵もその一人。

サクラと会った葵は、なんとプロポーズ!!

サクラは「自分なんかが結婚できるわけがない」と笑い出すのですが、Twitterでは葵がかっこいいと話題になっていました。

かっこいい葵にプロポーズされたら、誰だって「ハイ」と言ってしまいそうですよね。

断ったサクラ、もったいないことしたかも(笑)

8話ネタバレ③ 喫茶店リクエストが閉店

8話のネタバレ3つ目です。

同期たちがいつも通っていた喫茶店リクエストが閉店することになりました。

「あなたたちが通ってくれるから何でも作ってあげようと頑張っていたが、最近は誰も店に来ず赤字続きだし、体も続かない」とサクラに話す店主。

Twitterでは、リクエストの閉店を残念がる声が!

何でも作れて一人1,000円でしたから、やっぱり赤字だったんですね。

店主もサクラたちを見て、何か思うところがあり続けてきたのでしょう。

一週間ぶんのカレーすら頼めなくなったサクラは、大丈夫なのかと心配になりますね。

8話ネタバレ④ 百合と葵ができてしまった…

8話のネタバレ4つ目です。

サクラにプロポーズを断られた葵は、帰り道で通りかかった百合と会い、サクラの話をします。

お互いの辛さを知った葵と百合は、何だかいい雰囲気。

葵は百合を抱きしめると、キスしようと近づいて…

百合はキスを拒否しますが、このシーン、サクラに振られたばかりの葵が百合とできてしまい、モヤモヤするとの声が上がっていました。

思い切ってサクラにプロポーズしたのに、笑って断れたわけですから、葵だって傷つかないわけがありません。

百合を抱きしめることで、辛い気持ちを消そうとしたのかもしれませんね。

ただし、いくら辛いからといっても、それはまずいと理性が止めるもの。

葵と百合の若さゆえ、というのもある気がしますね。

8話ネタバレ⑤ 百合が葵の子を出産!でも結婚はしない

8話のネタバレ5つ目です。

葵と百合がいい感じになったと思ったら、なんと百合が出産しているシーンに!

入院している百合のそばにいたのは葵。

生まれた赤ちゃんの顔をみた葵は、子供の名前を「夢」にしないかと提案。

百合もそう思っていたと返します。

さらに葵は「結婚しよう、幸せにするから」と百合にプロポーズ!

しかし百合は「結婚はしない」と言うのです。

おそらく百合が生んだのは葵の子供。ではなぜ百合は結婚しないことにしたのでしょうか?

 Twitter の声も見てみましょう 

百合は葵が好きでしたから、葵が自分を好きだと感じられたのであれば結婚したでしょう。

「サクラではなく、自分を好きになってくれるのでは?」と期待して待った時期があったのかもしれません。

しかし葵の気持ちは、サクラに向いたまま

子供ができたからと同情するような気持ちで結婚されても、お互い幸せになるはずがないと思ったのではないでしょうか。

百合が出産するまでのストーリーがわからないので何とも言えませんが、百合がいい加減なことをするとも思えず、こんな予想をしてみました♪

8話ネタバレ⑥ AIの乃木坂46にびっくり

8話のネタバレ6つ目です。

会社に退職届を出した帰り道、スマートスピーカーに出会ったサクラ。

買って帰ったようで、自宅でスマートスピーカーに「ねぇAI」と話しかけるサクラの姿がありました。

エアコンを付けてもらったり、カップラーメンの時間を図ってもらったりと「AI」はサクラの唯一の話し相手に。

そしてサクラはAIに尋ねます。

「ねぇAI、人は一体何のために生きているの?」

するとAIは、乃木坂46の曲「命は美しい」を引き合いに出しました。

「乃木坂46は、はかない一瞬一瞬が生きている意味だと言っています」

生きてる意味がわかるような、わからないような(笑)

AIから乃木坂46という言葉が飛び出し、Twitterではびっくりしたとの声もあがっていました。

サクラの難しい質問にも答えてしまうAI、すごいですね!

8話ネタバレ⑦ サクラが眠っていた理由はバイク事故!救急車は必要ない?

8話のネタバレ7つ目です。

同期たちのFAXを見たサクラは、みんなに会いたいと外へ出ます。

途中の公園では、隣人夫婦と子供がボール遊びをしていました。

脇道を歩いていたサクラの前からバイクが走ってきますが、その瞬間、隣人の子供がボールを追いかけて道路に飛び出してくるのです。

危ないと思ったサクラは、子供を抱いて道路を転がり…

隣人夫婦は子供の無事を確認し、サクラに「大丈夫ですか、病院に行ったほうが…」と話しかけるのですが、サクラはそのまま歩き出してしまいます。

「私には夢があると」と言いながら部屋へ戻ったサクラでしたが、結局倒れてしまい意識が遠のいていくのです。

バイクは接触していなかったようですが、どこへ行ったのか見えなくなり、子供を助けてもらった隣人夫婦も救急車を呼びませんでした。

サクラがバイクから子供を守ったシーンでのTwitterの反応は?

バイクに乗っていた人と隣人夫婦に「救急車を呼べ!」との声がたくさん!

何はともあれ命を最優先しなければいけない状況でしたから、視聴者からの声があがるのも当然でしょう。

サクラのお見舞いにきた隣人夫婦は「サクラが目を覚まさないのは自分たちのせいだ」と言っていましたから、少なくとも彼らは救急車を呼ばなかったことを後悔しているようです。

バイクの方はどうなのでしょう?

知らんぷりのままだとしたら、辛すぎますよね。

8話ネタバレ⑧ 同期のFAXに感動

8話のネタバレ8つ目です。

サクラをなんとか元に戻したいと、同期たちは百合から提案された策を実行します。

それは、サクラの部屋の玄関ドアの下からFAXを送ることでした。

同期たちが玄関から流した手紙は、じいちゃんと同じように毛筆で書かれていました。

同期からのメッセージは、ようやくサクラの心に響いたのです。

Twitterでは、同期からのFAXに感動したとの声があがっていました!

サクラの心を動かすきっかけは、やはりじいちゃんでした。

じいちゃんからのFAXは同期からのFAXに変わりましたが、サクラにとっては一番大事なものが戻ってきたのでしょう。

感動のシーンでした!

第8話ネタバレへの視聴者の声

「同期のサクラ」第8話ネタバレへの視聴者の声をみていきましょう。

サクラはうつ病のようでしたね。

病院へは行かないのかと、私も心配になりました。

でも病院へ行こうと誘っても、あの時のサクラは素直に行くとも思えません。

やはり同期からのFAXが一番効果的な気がします。

第8話の最後で目が覚めたサクラは、同期のFAXを忘れていないはず!

この先どう生きていくのか、注目ですね。

同期のサクラ第9話のネタバレ・視聴者の声!

同期のサクラ第9話のネタバレと視聴者の声を紹介します。

第9話のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」第9話のストーリーをネタバレしていきます。

[box class=”box15″]

2019年12月。ついに目覚めたサクラ(高畑充希)。

 

その事を知り駆けつける百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の四人。サクラは「FAXを真似て励ましてくれたおかげで力が湧いた」と同期達に礼を言う。

 

数日後、退院したサクラは、同期達がそれぞれ抱えている悩みを聞く。その後、サクラは皆の悩みにアドバイスを送ろうと計画するも、言葉を送る前に同期達は皆自分の力で悩みを乗り越えていた。

 

一方サクラは新しい就職先を探すが、ことごとく面接が上手くいかない。就職先が見つかるまでとコンビニでバイトを始めたものの、理不尽な客にいつもの正論をぶつけすぐに首になってしまう。

 

再び無職になってしまったサクラにかかってきたのは、田舎のおばさんからの電話だった。「何かあったらいつでも帰ってきていい」と言われ、就職が上手くいかないサクラは田舎に帰る決心をする。

[/box]

同期たちは自分の力でなんとかやっているのに、サクラは就職すら決まらず辛かったでしょう。

仲間に置いていかれたような気持ちになり、故郷へ帰りたくなるのもわかります。

[box class=”box15″]

同期達を呼び出し「田舎に帰る」と告げたサクラだったが、皆は「それでいいのか?」と問いかける。「自分は皆と違ってなにも成し遂げていない」「自分みたいに忖度もできないような人間は東京では生きていけない」と言い残し、サクラは立ち去るのだった。

 

田舎へ帰る当日、部屋を出たサクラの前に同期4人が姿をみせた。「連れて行きたい所がある」と言われ、着いた場所は保育園の建設現場。

 

それは10年前の新人研修で、サクラが本当に社長賞を取るべきものだと絶賛した建物。設計者がサクラの言葉に励まされ、沢山の問題を乗り越えながら、やっと着工にこぎつけたのだ。

 

葵は言う。

「サクラは何も成し遂げて無いと言ったが、こうやって土台が出来ている」

「お前が灯した火は誰かの心で燃え続けてるんだ」

 

続けて菊夫が自分の胸に手を置き「俺たちのここにも…」と訴えた。さらに百合が「自分に嘘をつくの?」と、サクラに問いかける。蓮太郎は「諦めない粘り強さがあるのがサクラだ」と続けた。

[/box]

すっかり自信をなくしてしまったサクラでしたが、同期の言葉は徐々にサクラを元気にしていきます。

しかもその言葉は、元々サクラが同期のみんなにかけた言葉でした。

サクラの脳裏には、じいちゃんが思い浮かんだに違いありません。

[box class=”box15″]

同期の言葉を聞いたサクラは、祖父・柊作が今まで送ってきてくれたFAXの文面をひとつひとつ語り出す。そして「じいちゃんがFAXで送ってきた言葉のすべてを、皆から言われたような気がした」と言う。

 

サクラは新たな夢を語り、最後に力強く「これからも北野サクラであり続けます!」と宣言した。

 

皆の説得を受けたサクラは田舎へ帰るのをやめ、就職活動を再開。ある小さな建設会社に就職が決まる。面接したその場で採用すると言われ、喜んでいたサクラの目の前に、花村建設の黒川(椎名桔平)が現れた。

 

黒川はサクラにこう告げる。「花村建設へ戻って俺の元で働かないか」

[/box]

タイミングが良すぎる黒川の登場に驚きました!

元のサクラに戻ったのを知っていたかのよう。

最終回はサクラが黒川に振り回されることになりそうです。

第9話のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」第9話のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

9話ネタバレ① リクエストがネカフェに!

9話のネタバレ一つ目です。

第8話で閉店することになった喫茶店リクエストですが、 第9話ではネカフェに改装され、店内の雰囲気がだいぶ変わってしまいました。

Twitterの反応も紹介しましょう!

建物はそのままなので、店主のミタさんが今にも出てきそうな気もしますが…

リクエストだった頃と比べると店に置いてある物も少なく、なんだか味気ない感じがして寂しいですね。

9話ネタバレ② 蓮太郎くんのピースがかわいい

9話のネタバレ二つ目です。

九か月ぶりに目が覚めたサクラでしたが、会社を解雇されていたため仕事がありません。

喫茶店リクエストだったネカフェで、サクラはパソコンを使い求人情報を探し、それを蓮太郎が手伝います。

さらにネカフェでは、サクラが菊夫とネット電話で会話するシーンもありました。

サクラの顔を見て喜んだ菊夫は「 今どこ?」と、サクラの居場所を尋ねます。

「ネットカフェで蓮太郎が一緒に就職先を探してくれている」とサクラが答えると、隣から連太郎がピースで参加

このシーンでのTwitterの反応をみてみましょう!

ピースする真顔の蓮太郎、かわいかったですね(笑)

9話ネタバレ③ 葵くんと百合は結婚しないの?

9話のネタバレ三つ目です。

第8話で葵の子供を産み「シングルマザーで育てる」と言っていた百合でしたが、第9話の時点でもシングルマザーのまま。

サクラの部屋を訪ねた百合は、 子育てと仕事の両立は難しいとサクラに話します。

子育ての大変さを実感した百合は、起業を考えていました。

女性が気軽に働けるよう、託児所のある会社を作りたいと思っていたのです。

しかし今の会社の方が給料は安定しているし、我が子に苦労させるわけにもいかず、迷っていると言います。

それを聞いたサクラが「子供の父親の葵に相談してはどうか?」と言うと、 百合はこう答えるのです。

「葵は今でもサクラのことが好きみたいだし」

一方、サクラのリハビリ中に顔を見せた葵は「百合に結婚しようと言ったが断られた、このままでいいのか迷っている」「あいつには俺は必要ないのかもしれない」 と言います。

葵と百合の気持ちもすれ違っているようですね。

二人は本当に結婚しないのでしょうか?

Twitterの反応は?

すべては葵の気持ち次第といったところでしょうか。

葵がサクラへの気持ちを吹っ切れば、二人は結婚しそうですね。

9話ネタバレ④ すみれさんはサクラのお母さん

9話のネタバレ四つ目です。

サクラの部屋にすみれがやってきました。

「サクラのことだから、ろくなものを食べていない」と思ったすみれは、 自分の作った料理をお裾分けに来たのでした。

そのうえサクラの体調を気遣ったりと、その姿はまるでお母さんのよう!

Twitterの反応も見てみましょう。

サクラのちょっとした変化も見逃さないすみれ。

本当にお母さんみたいですよね。

「同期のサクラ」は、すみれとさくらのシーンが一番ほんわかします♪

9話ネタバレ⑤ サクラがバカ正直すぎて就活がうまくいかない

9話のネタバレ五つ目です。

就活で面接に挑んだサクラ。

面接官に花村建設を辞めた理由を聞かれ、すべてバカ正直に話してしまいます

そんなサクラの試験結果のメールは、不採用の連絡ばかり…

「正直なのがサクラらしい」といえばそうなのですが、就活がうまくいかないのはきついですよね。

Twitterの反応はどうでしょうか?

サクラの良さをわかってくれる会社があると良いのですが、そんな会社なかなかないのが現実でしょう。

サクラが心配になってしまいますね。

9話ネタバレ⑥ ドタキャンされたサクラがかわいそう

9話のネタバレ六つ目です。

今まで散々心配をかけたおわびにと、自宅に同期たちを招き、鍋をすることにしたサクラ。

直前まで同期全員が揃う予定で、サクラの準備は万端でした。

しかしサクラの元へ来るのは「行けなくなった」との連絡ばかり

サクラの自宅まで足を運んだ葵でさえ、みんな来ないと聞いて帰ってしまいます。

これはサクラがかわいそう。

Twitterでも同様の声があがっていました!

ようやく目を覚ましたサクラの姿を、とても喜んでいた同期たち。

いくら事情があるとはいえ、ドタキャンはさすがにひどすぎますね。

9話ネタバレ⑦ 仮面ライダーゴーストのマコト兄ちゃんがクレーム男に

9話のネタバレ七つ目です。

なかなか就職が決まらず、コンビニでアルバイトをしながら仕事を探すことにしたサクラ。

コンビニでのサクラの仕事ぶりは要領を得ず、お客さんをイライラさせてしまいます。

そんなある日、 コンビニに若い男性のお客さんがやってきました。

レジには小さな子を連れたお母さんも並んでいます。

スマホで電話をしながら「エロい」などの言葉を口にする男性に、サクラは子供に聞かせられない内容だと「 大きな声で電話するのはやめてください」と注意。

それを聞いた男性は、店長に「謝れ」と怒ってしまうのです。

このシーンでクレーム男を演じていたのは、山本涼介さん

Twitterでは「仮面ライダーゴーストのマコト兄ちゃんだ」と話題になっていました!

仮面ライダーゴーストでの山本涼介さんは、クールな性格の深海マコトを演じていました。

今回のクレーム男は、正反対の役柄。

ムカつく男役も、とてもお上手でしたね!

9話ネタバレ⑧ 忖度できない人間は東京に合わない?

9話のネタバレ八つ目です。

就職が決まらないうえ、トラブルを起こしコンビニもクビになったサクラは、故郷へ帰ろうと決心。

それを同期たちに報告したサクラは「それでいいのか?」と言われてしまいます。

「自分はみんなと違い何も成し遂げていない」「忖度できない人間は東京に合わなかった」と返すサクラでしたが、Twitterでは「忖度できないから東京に合わないんじゃない」との声があがっています!

忖度しないとうまく立ち回れないというのは、 東京に限ったことではないですよね。

サクラは世の中を良くしようと思っているだけで、人を傷つける言葉を口にすることはありません。

サクラのような正直者が辛い思いをするのは納得がいきませんが、現実って厳しいですね…

9話ネタバレ⑨ サクラに権力をもたせてはいけない!?

9話のネタバレ九つ目です。

同期たちに励まされたサクラは、以前のような元気な状態に。

しかも採用試験の面接がうまくいき就職が決まったその瞬間、サクラの元上司の黒川が現れます。

サクラに「また自分の下で働かないか」と声をかけた黒川。

次回予告には、花村建設に戻ったサクラが黒川の下で働く姿がありました。

予告の中で、黒川に「権力を持て」と言われていたサクラ。

しかし同期たちに「 一番権力を持っていけないのはサクラだった」と言われているシーンもあり、Twitterでは「これはどういうことなのか?」との声が!

権力を持ってしまったサクラは、間違った方へ向かってしまうのでしょうか?

最終回が気になりすぎますね。

9話ネタバレ⑩ 黒川が怖い最終回だ…

9話のネタバレ十個目です。

サクラの就職が決まったとたん、姿を現した黒川。

あまりにタイミングが良すぎて、不気味ですよね。

サクラを花村建設へ戻そうとする黒川の意図は何なのでしょう?

Twitterの声もご紹介!

サクラを一度ならず二度も花村建設へ入社させようとする黒川ですが、本心を表情にあらわさないため、何を考えているのかわかりません。

黒川が怖い最終回となりそう。

自分の保身のためにサクラを利用するつもりなのか、それともサクラに会社を背負って立つ人になってほしいと思っているのか…

どちらかだと思いますが、黒川はサクラの理解者であると信じたいですね。

第9話ネタバレへの視聴者の声

「同期のサクラ」第9話ネタバレへの視聴者の声をみていきましょう。

やはり黒川の出現に不安を感じている方が多かったです。

あの不気味な笑みが怪しすぎますよね。

黒川はラスボスなのか?

最終回は椎名桔平さん演じる黒川から目が離せません!

同期のサクラ最終回のネタバレ・視聴者の声!

「同期のサクラ」最終回のネタバレと視聴者の声を紹介します。

最終回のストーリーをネタバレ

「同期のサクラ」最終回のストーリーをネタバレしていきます。

2020年4月1日、桜が咲く広場でサクラを除く同期四人が話している。最後の最後までサクラは大変だったと同期達は振り返る…

 

一ヶ月前、副社長となっていた黒川(椎名桔平)から花村建設に戻って来いと言われたサクラ(高畑充希)は、黒川から新しいプロジェクトチームのリーダーに抜擢される。そしてサクラに上手く仕事をこなす為には「力を持て」と諭した。

 

同じくチームに選抜された葵(新田真剣佑)が百合(橋本愛)を心配していると聞き、サクラは百合と会う事に。

 

元気を装う百合だったが、泣き止まない娘の夢に苛立ちを見せる。実は少し疲れていると白状する百合だったが、サクラは黒川の呼び出しで即座に立ち去る。

 

その夜、残業中のサクラに菊夫(竜星涼)と蓮太郎(岡山天音)それぞれから連絡が入るが、仕事片手に上の空で聞いているサクラだった。

 

そんなある日、社長が解任され花村建設が合併するとのニュースが入る。

 

黒川の影響力を受けたサクラは、社内で今までとは違う意味で浮き始める。

 

そんなサクラを心配し集まった四人の同期達だったが、やっと仕事にやりがいを見出したのに、何故応援してくれないのかと反論するサクラだった。

黒川の言っていたことは、その通りだとは思いますが…

同期から連絡が来ても、サクラは仕事が気になり親身になれません。

サクラらしさが消えてしまったように感じてしまいました。

すみれ(相武紗季)がリストラの対象になっていると聞いたサクラはすみれの元へ。育児も控えているからこれでいいと言うすみれは「仲間を大切にする事を変えてはいけない」とサクラを説得する。

 

社長となった黒川にリストラの撤回を求めるサクラだったが、代わりに辞めさせる人物を選ぶよう迫られる。

 

一人悩むサクラは翌日の出勤時に、ある建設現場で隣人・脇田(草川拓弥)を見かける。脇田は、サクラの影響でやってみた建設の仕事が性に合っていて「いつかサクラと一緒に建物をつくる」という夢ができたと言う。

 

社に着いたサクラはロビーで新入社員に声をかけられる。

 

「合併すると聞き不安です、大丈夫ですか?」という質問に対して、サクラは少し考えてから、「大丈夫、きっといい仲間に出会えるから」と返事をした。

 

サクラはその場から突然走り出した。向かった先は自宅…

 

次の日、百合を呼び出した葵。サクラが昨日から出勤していない事を告げた時、また夢が泣き出す。

 

葵は夢を抱きかかえると「この子とお前を幸せにしたい」と言った。葵を見つめ涙する百合。

 

夢は泣き止んで笑みをみせていた。その時、百合と葵の携帯に着信が…サクラからだった。

サクラには「会社が合併してもリストラはしない」と伝えた黒川でしたが、それは嘘だったとわかります。

しかもリストラの対象になったのは、サクラの大事な先輩。

サクラはこの状況に疑問を持ち出したようです。

翌朝、寝不足気味で出勤してきたサクラを同期四人が迎える。

 

そこへやってきた黒川に辞表を提出したサクラ。そして、自分が未来に残したい建物のアイデアリストを黒川に見せた。

 

どれも素晴らしいとサクラの才能を褒める黒川に対しサクラは「それは同期のアドバイスをもらって完成できたものです」と、告げると更に続けた…

 

「私の力は仲間です」

 

「困難な道もこの同期達のような仲間を増やしていけばきっと乗り越えられる」

 

そう言い残し、サクラは黒川の元を同期達と共に立ち去った…

 

桜の木の下で待つ同期四人の元へサクラが遅れてやってきた。就職先が決まった事で遅れたという。

 

「私には夢があります」と、ひとりひとり夢を宣言する五人。

 

そして皆で一枚の写真を撮った後、それぞれ選んだ道を歩きだす同期の四人とサクラだった。

サクラは「自分の夢を叶えるには、仲間が必要」と気が付きました。

現実の世界では権力も必要な気がしますが、サクラのように真っ直ぐなタイプだと敵を多く作ってしまうことにもなりかねません。

そういった意味でも、彼女にとって一番大切なのは「仲間」ではないでしょうか。

心の支えになってくれる仲間は、サクラにとって一生の宝ですね!

最終回のネタバレをトピックスでご紹介

「同期のサクラ」最終回のネタバレをトピックスごとに紹介していきます。

最終回ネタバレ① 百合は育児ノイローゼ気味

最終回のネタバレ一つ目です。

葵から百合が心配だと聞いたサクラは、百合に会いに行きます。

サクラに嬉しそうに話をした百合でしたが、娘の夢が泣き出すと「何なのよ、一体!!」と怒ってしまいます

百合は、娘がなぜ泣いているのかわからなかったのです。

子育てをしていると、赤ちゃんが泣いている理由がわからないことも多くありますから、この状況が続いているとしたら辛いですね。

Twitterでは「百合は育児ノイローゼ気味」だとの声もあがっていました。

百合が育児で大変そうだとわかるのは、このシーンの他にもありました。

葵が心配するくらいなので、育児ノイローゼ気味と言えるかもしれませんね。

最終回ネタバレ② すみれさんのようになりたい

最終回のネタバレ二つ目です。

会社が合併することになり、すみれがリストラ勧告されてしまいます。

それを聞いたサクラは慌ててすみれの元へ。

すみれを心配したサクラでしたが、すみれの方はサクラの心配をしていました。

「サクラが頑張ろうとしているのも、変わろうとしているのもわかる。でも変わってはいけないものもある、それは仲間を大切にすること

すみれの言葉に、サクラは大事なことに気づいたようです。

このシーンを見た視聴者からは「すみれさんのような人になりたい」との声があがっていました。

すみれは、サクラの思いを汲みとったうえで助言をしました。

だからサクラも素直になれたのでしょう。

そんなすみれさんが素敵で、憧れてしまいますね!

最終回ネタバレ③ 百合と葵が結婚!

最終回のネタバレ三つ目です。

すみれのリストラに抗議し「会社を辞める」と言い出したサクラは、出社せず…

心配した葵は、百合に相談します。

しかし途中で娘の夢が泣き出してしまい、百合は疲れ果てた顔に

それを見た葵が泣いている夢を抱き上げると、夢は泣き止んだのでした。

葵は「この子を幸せにしたい、百合も幸せにしたい」と涙を流しながら百合に伝えます。

百合はそんな葵を泣きながら見つめるのでした。

その後、百合は「私たち、一緒に生きていくことにした」と同期たちに報告。

二人は結婚するということですね!

Twitterの反応もみてみましょう。

葵の気持ちが百合を向いているのですから、二人は結婚するのが自然ですよね。

葵はサクラへの気持ちを残したまま百合と付き合い始めたのかもしれませんが、本気で百合を幸せにしたいとの思いに変わったようです。

赤ちゃんが産まれたときには葵がズルいとも感じましたが、これはこれで良しとしましょう!

最終回ネタバレ④ 菊夫がサクラにプロポーズ

最終回のネタバレ四つ目です。

サクラが黒川に退職届を提出する前、会社には同期たちの姿ありました。

葵と百合にサクラからメールが届いていましたが、会社を辞めるとの内容だったのでしょう。

同期と会ったサクラは、葵と百合が結婚すると知りとても嬉しそう。

さらに蓮太郎から「新しい就職先が決まった」と聞かされ、サクラは笑顔をみせます。

葵と百合、蓮太郎とくれば、次は菊夫の番ですね。

そして出た菊夫の言葉がこちら。

「こうなったら俺と結婚するか?」

菊夫くん、いきなりプロポーズです!!

Twitterの反応はどうでしょうか?

最終回はプロポーズしそうな素振りを見せていなかったので、サクッと言っちゃった感が否めないのですが(笑)

菊夫くんには、サクラが「はい」というまでプロポーズし続けてほしいですね!

最終回ネタバレ⑤ サクラの力は仲間

最終回のネタバレ五つ目です。

黒川に退職届を差し出したサクラは「この業界で二度と働けないようにすることもできる」と脅されます。

しかしサクラは「それでも働いてみせる、社長(黒川)よりも力をもって」と返すのです。

サクラの言う「力」とは、権力のことではなく「仲間」のことを指していました。

サクラは自分が考えた「未来に残したい建物」のイメージを黒川に見せると「仲間にアドバイスをたくさんもらったから出来上がった」と言います。

そして「私の力は仲間です。優秀な仲間さえいれば、素晴らしい仕事ができる。どんなに辛くても勇気が出る」と続けました。

さらに「これからは仲間とともに困難な道を行く」と黒川に宣言。

仲間を信じ、仲間とともに歩もうと決めたサクラに感動です!

視聴者の反応もご紹介。

権力をもてば、自分の思い通りに事が運ぶかもしれません。

しかし周りのことを考えなくなったら、ただの自分勝手。

サクラは自分の足りない面を補ってくれる仲間の方が、今の自分にとって大事だと気づいたのだと思います。

最終回ネタバレ⑥ 黒川副社長(椎名桔平)はいい人だった

最終回のネタバレ六つ目です。

退職届を提出しようと出社したサクラは、椎名桔平さん演じる黒川と遭遇。

サクラは「なぜこんな自分によくしてくれるのか?」と黒川に尋ねます。

サクラなら会社を変えてくれると期待していた黒川でしたが、サクラを採用した理由は他にもありました。

サクラと黒川の娘は、歳が同じで誕生日も同じ。

黒川は、サクラを娘のように感じていたのです。

バレリーナになるのが夢だった黒川の娘。

黒川もそんな娘のために素晴らしい劇場を作ろうと思っていのですが、娘は8歳で亡くなっていました。

「素晴らしい建物を作りたい」というサクラの夢は、黒川の夢でもあったのです。

黒川さん、実はいい人だったんですね!!

このシーンでのTwitterの反応もみてみましょう。

サクラが退職届を出した後、一度は脅しをかけた黒川。

しかしサクラに「自分の力は仲間だ」と言われ微笑みを浮かべていたのは、サクラが娘のような存在であることに変わりはなかったからだと思います。

サクラの夢を叶える姿が、頭に浮かんだのかもしれませんね。

最終回ネタバレへの視聴者の声

「同期のサクラ」最終回ネタバレへの視聴者の声をみていきましょう。

最終回を見た視聴者の声は「感動した」「同期たちは本当の仲間といえないのでは?」などなど賛否両論ありました。

やはり考え方はひとそれぞれなので、納得がいかないシーンもあったかもしれません。

しかしサクラのじいちゃんからのFAXなど、誰もが感動するシーンも多くありましたよね。

胸に熱いものをくれたドラマだったのは、間違いないと思います。

スポンサーリンク

同期のサクラのネタバレ最終回結末までと原作のまとめ

「同期のサクラ」のネタバレと感想を、第1話から最終回までご紹介してきました。

また原作があるかどうかもお伝えしてきました。

泣ける、感動するとの声も多かった「同期のサクラ」。

サクラのおかげで同期の仲間たちが自信を取り戻し、前向きになっていく姿は感動でしたね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク