ネタバレ

知らなくていいコト3話のあらすじ!尾高とキス?柄本佑がかっこいい!

知らなくていいコト3話あらすじ

「知らなくていいコト」第3話のあらすじはどのような展開だったのでしょうか。

殺人犯の娘であることが事実だと知った 吉高由里子さん演じるケイト。柄本佑さん演じる尾高との関係はどうなっていくのか?

さらに今回、ケイトは殺人犯の父と対面も果たしそうです。3話の内容、気になりますよね。

この記事ではドラマ「「知らなくていいコト」第3話のあらすじを、ネタバレ込みで詳細にご紹介していきます。

「知らなくていいコト」第3話を見忘れた方はもちろん、3話から見始めた方にも楽しめる内容でご紹介しますので、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

ドラマ・知らなくていいコト第3のネタバレあらすじをご紹介します♪

ドラマ「知らなくていいコト」第3話のネタバレありの3あらすじを全ストーリーをご案内します!

真壁ケイトと尾高のキスシーン!既婚者ですでに遅い? 3話ネタバレあらすじ①

「知らなくていいコト」3話のネタバレあらすじ、一つ目のシーンです。

ケイト(吉高由里子)は、八年前の取材帰りに尾高(柄本佑)とキスをしたことを思い出していた。

ケイトには理由も告げず、動物カメラマンに転向した尾高。

そんな尾高を捨て春樹(重岡大毅)に心を移したケイトに、突きつけられるのは尾高が既婚者であるという事実。

でも実は、ケイトの父親が乃十阿徹だとケイトの母から知らされたから報道カメラマンを離れたこと。

その上で尾高はプロポーズをしてくれていたことを知ったケイトは、過ぎた時間は取り戻せないと悔やみ一人毛布にくるまるのだった。

 

ケイトと尾高の始まりは素敵なものだったのに…ケイトは悔やみきれないですね😢

尾高のスマートな仕草には、ケイトじゃなくても心持ってかれちゃいます。

尾高とのキスシーンはとっても話題になっていましたね。

春樹への返事は「お前最低だな」 3話ネタバレあらすじ②

「知らなくていいコト」3話のネタバレあらすじ、二つ目のシーンです。

週刊イーストの年末年始号で、人気天才ダンサータツミーヌこと河原巽(大貫勇輔)の特集を組むことになったケイトたち。

老人に向かって暴言を放つ姿が撮影された十年前の動画流出により、炎上したタツミーヌは行方をくらませた。

ケイトたちはタツミーヌの捜索に難航する。

そんな中、春樹は編集部に訪れた尾高を屋上に呼び出す。

尾高がケイトと別れた理由も、彼女の父が殺人犯と知ってのことであろうと問う春樹に対し「お前、最低だな」と言い返しその場を立ち去る尾高だった。

春樹は間違った育ち方してますね。みんな自分と同じ考えだと思っている時点でアウトでしょう。

それに引きかえ、尾高はかっこよすぎです^^柄本佑に惚れちゃいます♪

炎上タツミーヌはケイトの取材を受ける? 3話ネタバレあらすじ③

「知らなくていいコト」3話のネタバレあらすじ、三つ目のシーンです。

一方ケイトは、タツミーヌ炎上の原因になった動画撮影現場にいた老人と接触することに成功するが、意外にも老人はタツミーヌを擁護する言葉を発した。

タツミーヌ本人の話しを聞きたいケイトは、ホテルに籠城するタツミーヌ宛に手紙をだす。

『あなたの人間としての生身の心を知って読者に伝えたい』と書かれたその手紙を読んだタツミーヌは、ケイトを受け入れ取材に応じた

タツミーヌはただ単純に暴言を吐いたのでないようです。

心からの訴えを手紙にしたためたケイトの思いは無事タツミーヌに届いたようですね!

炎上と10年前の真実とは‥ 3話ネタバレあらすじ④

「知らなくていいコト」3話のネタバレあらすじ、四つ目のシーンです。

当時タツミーヌが借りていた稽古場が取り壊され、老人介護施設の建設が決定。

その説明会でタツミーヌは、施設の一部に稽古場を作ってもらえないか、そしてダンスを時々披露したりストレッチ指導するので楽しんでもらいたいと提案する。

しかし稽古場を遊び場と呼び、ダンスを否定する強い反発の言葉を受けたまだ若かったタツミーヌは、ついカッとなり思わず口から暴言を吐いたという。

動画はその暴言部分のみを切り出されたものだった。

みんなにも楽しんでもらいたいと願ったタツミーヌの思いは、考え方が古い一部の老人たちから猛反発を受けました。

まだ若かったタツミーヌはダンスを真っ向から否定され自分を見失ったんですね。

真壁ケイトが実の父とついに対面! 3話ネタバレあらすじ⑤

「知らなくていいコト」3話のネタバレあらすじ、五つ目のシーンです。

今は反省している。自分は踊ることしかできないので、今後も道や公園どんな場所であろうが踊り続ける、そのことで世間に判断してもらうと語ったタツミーヌ

炎上動画の真実を伝えた独占インタビューを掲載した年末年始号は好評を得て、週刊イーストは発行部数日本一を維持したまま年内を締めくくった。

母が他界し初めて迎えるお正月。

何の予定もないケイトは、乃十阿徹(小林薫)の現在の所在地を調べようと千葉へと向かった。

そして、たどり着いた漁村でついに対面を果たした乃十阿徹とケイトであった‥

タツミーヌの真実の言葉はきっと報われるでしょう。

そして、いよいよケイトは殺人犯であり実の父でもある乃十阿徹との対面を果たしました

次回はどうなってしまうのでしょうか?!

スポンサーリンク

知らなくていいコト3のネタバレあらすじに関する所感を勝手に掲載します!!

ここでは「知らなくていいコト」第3のあらすじで感じたことを勝手に述べちゃいたいと思います!

まずは尾高の格好良さですね。ケイトの元カレですが、存在感が凄いです。

春樹(重岡大樹)は株を爆下げですが、尾高の株は急上昇です!

というか、尾高を演じている柄本佑さんの人気ぶりが凄いデスね。

ネットでもイケメン論争が広がっていますよ♪

柄本佑さん、顔だけ見るとイケメンでも無い気がしますけど、佇まい雰囲気がイケメンだと思います。

ネット上でも「柄本佑イケメン!」「柄本佑の声が良い!」「柄本佑ってイケメンだったの?」と柄本佑さんについての話題が多い!

これからさらに急接近しそうなケイトと尾高には要注目ですね。

そして今週も、大人のセクシーさ全開の尾高は健在でしたが、わたしが個人的にツボったのは黒川デスク(山内圭哉)です!

関西弁のツッコミが全て面白くて、短い登場シーンでもインパクトを残す愛すべくキャラだと思いませんか?

忘年会シーンのトナカイカチューシャ姿に全視聴者が釘づけになったと思います^^

そんな黒川デスクのお茶目な姿やセクシー尾高も含め、「知らなくていいコト」3話を観たくなった人は下のリンクを要チェックです↓

★★★知らなくていいコト3話を見る≫

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ・知らなくていいコト3のあらすじを詳細にご紹介しました

以上、ドラマ「知らなくていいコト」第3話のあらすじをご紹介してきました。

色々な要素が詰まって楽しめるドラマ「知らなくていいコト」。

内容が気になった方は是非「知らなくていいコト」をご覧くださいね!

お付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク