シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

シロクロパンダ2話あらすじ!コネとカネの不正入試にレンと直輝が挑む!

シロクロパンダ2話あらすじ

ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」第2話のあらすじはどのような展開だったのでしょうか。

超ネガティヴ思考のレン(清野菜名)ことミスパンダを飼育員として操る森島直輝(横浜流星)に、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)と名乗る法務大臣・佐島源蔵

前回ではまだまだ謎が多かった「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」ですが、白黒させてくれる物語にスッキリした人も多かったのでは?

この記事ではドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」第2話のあらすじを、詳細にご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドラマ・シロクロパンダ2話の公式HPのあらすじをご紹介します♪

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」第2話の公式HPに掲載されていたあらすじをご紹介します。

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる

事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。あの告発とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。

直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。

レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく。そして、ミスパンダが出現。直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。

そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け

(引用元:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/story/)

レンや直輝の過去、Mr.ノーコンプライアンス・佐島と直輝の関係などの前回謎のまま終わったことは判明するのでしょうか?!

では、気になる「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」第2話のあらすじです!

スポンサーリンク

ミスパンダの誕生 シロクロパンダ2話あらすじ①

「シロクロパンダ」2話のあらすじ①をどうぞ。

直輝(横浜流星)は大学のベンチで思い返していた…

 

大学病院の廊下で偶然すれ違ったレン(清野菜名)から『私を檻から出して』と叫ぶ声が聞こえたような気がした直輝は、レンに興味を持ち自然に近ずくことに成功。

 

そして、レンが過去に連続放火事件に巻き込まれた事実を直輝は知る。

 

メンタリストとして活動していた直輝は、レンを衝動的に試したくなった。

 

パンケーキのシロップを利用しレンに催眠をかけた直輝は、レンにミスパンダと名乗らせて世の中のグレーゾーンにシロクロつけさせるヒーロー像を植え付けた

レンの心の声が聞こえた直輝が自らレンに接触して、ミスパンダが誕生したんですね。

ミスパンダと名付けた理由は、直輝の子供の頃からのヒーローがパンダだということも判明。

なかなかパンダがヒーローという男の子はいませんが理由はありそうですよ!

スポンサーリンク

大学内で学長刺される! シロクロパンダ2話あらすじ②

「シロクロパンダ」2話のあらすじ②です。

ベンチに座っていた直輝は同級生に声をかけられ、木の影から手を振る女性に気がつく。

 

普通の姿のレンである。

 

直輝がレンに近付こうとしたその時、学長の岸本がナイフを持った男に刺される事件が発生。

 

ネット流出により明るみになった、学長の息子が不正入学したという事実が原因とみられる。

 

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に呼び出された直輝は、この不正入試問題にシロクロつけることを依頼される。

レンと直輝の目の前でいきなり事件勃発しました。

学長による不正入試問題の疑惑は果たして本当なのでしょうか?

レンと直樹それぞれの過去‥ シロクロパンダ2話あらすじ③

「シロクロパンダ」2話のあらすじ③です。

その頃レンは、バイト先の喫茶GOBANでライターの火を見つめ過去の記憶がフラッシュバックしうずくまっていた。

 

マスターの加賀(升毅)が心配して声をかけると「お姉ちゃんが燃えて」とつぶやくレン。

 

自宅に帰ったとレンは「私だけ生きててごめん」と涙を流す。

 

一方、直輝も死んだ父が残したUSBのことを思い出していた。

 

USBにあった動画には、コアラの仮面を被った男が少女に銃を向け一億円を請求している。

 

動画の続きには…「娘を返して下さい」と報道陣の前で土下座する法務大臣の佐島・Mr.ノーコンプライアンスの姿が…

放火事件の記憶がレンを苦しめているようです。

直輝もまた死んだ父親のことが頭にあって、二人の間には引き寄せ合う何かがある気がします。

父がUSBを残した場所がパンダのぬいぐるみでした。パンダに父とヒーローを重ねていたと思われますね。

不正入試問題のシロクロは?! シロクロパンダ2話あらすじ④

「シロクロパンダ」2話のあらすじ④です。

直輝はレンをパンケーキの店に呼び出し催眠をかけた…ミスパンダになったレンに直輝は大学不正入試の件を暴くことを命じる。

 

大学で開かれた第三者委員会に乱入したミスパンダは部屋に盗聴器を仕掛ける。

 

その頃、直輝は恋人のあずさ、そしてあずさの父・佐島と食事をとっていた。

 

コアラ男に銃を向けられていた少女はあずさだったのだ。

 

盗聴器の声の反応で首謀者を見抜いた直輝は、ミスパンダを使い岸本が死亡したとの嘘の情報を流す。

 

そして首謀犯である元文部大臣事務次官の柳本(渡辺裕之)を追い詰めることに成功。

 

マスコミに流された自供映像で柳本の犯行だったことが世間にも知れ、不正入試問題のシロクロははっきりした。

直輝の恋人は全日テレビのあずさ、そしてその父がMr.ノーコンプライアンスこと法務大臣・佐島でしたね!

一体どうしてこの関係が生まれたのでしょうか?!

事件の方は直樹の鋭い読みであっさり解決しました。

不正入試問題のシロクロは?! シロクロパンダ2話あらすじ⑤

「シロクロパンダ」2話のあらすじラスト⑤です。

一方、喫茶GOBANでは加賀とレンの主治医・門田(山崎樹範)に、レンの様子がおかしいことを相談していた。

 

門田は、何か外部から別の力が加わっている可能性を感じる。

 

後日母の見舞いに訪れたレンは、子供の頃に自分だけを可愛がられ、姉のリコが檻の中に監禁されていた光景を思い出していた…

レンと母、そして姉のリコ三人の間には何が起きていたのかという疑問も大きな意味を持っているようです。

そして主治医の門田が何かに気づき始めました。

ミスパンダのことがバレてしまうのでしょうか?!

シロクロパンダ2話のあらすじに関する所感を勝手に掲載します!!

「シロクロパンダ」2話のあらすじで感じたことを勝手に述べちゃいますね^^

まず、前話終了時点で多かった謎の一部がわかったことは良かったですが、まだまだ全貌が明らかにされていないもどかしさがあります!

レンと直輝の出会いにも必然を感じますし、Mr.ノーコンプライアンスと直輝の繋がりの謎も気になっちゃいますね。

また、レンや直輝の正体が明らかにされるのか?という別のドキドキも今後加わりそう。

このシロクロパンダ、単純な事件解決モノではないですよ。

毎週、一つの事件を絡めながら少しづつ謎が解明されていく…ということでしょう。

ただのコスプレドラマじゃないシロクロパンダ、次回も楽しみです!

シロクロパンダ2話を見逃し方、下のリンクを要チェックです↓

★★★シロクロパンダ2話を見る≫

スポンサーリンク

まとめ・シロクロパンダ第2話のあらすじを詳細にご紹介しました

以上、ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」第2話のあらすじをご紹介してきました。

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」は不正を明らかにするスッキリ感を楽しめると同時に、登場人物たちの謎が少しづつ明らかになっていく見逃せないドラマとなりそうです。

内容が気になっている方は是非ご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク