トップナイフ

トップナイフの原作ネタバレ!原作者はBOSSの林宏司で結末は?

トップナイフ天才脳外科医の条件に原作やネタバレはある?

「トップナイフ天才脳外科医の条件」に原作ネタバレはあるのでしょうか?また原作者についても知りたいですよね。

原作があるのなら、今すぐ結末も気になりますし、ドラマの脚本は原作と違うのかも気になります。

ドラマは天海祐希のリアルドクターストーリーと話題ですが、どう展開していくのでしょうか。

今回は「トップナイフ天才脳外科医の条件」の原作ネタバレと原作者をご紹介。

そして脚本家の傾向からドラマの結末を予想してみました。

スポンサーリンク

ドラマ「トップナイフ天才脳外科医の条件」の原作ネタバレはある?

「トップナイフ」には原作ネタバレがあるのでしょうか?調べていきましょう!

トップナイフは原作ネタバレあり!

実は2020年土曜ドラマ「トップナイフ」には原作がありましたので、原作ネタバレありです。

原作があるドラマは原作ファンも多いですし、ドラマ化もするということで視聴者のハードルはとても高くなってしまいますね。

原作者は林宏司

「トップナイフ」は、林宏司の小説「トップナイフ」が原作です。

原作版「トップナイフ」は、2019年12月26日に河出文庫から出版されました。

なお、原作者の林宏司さんは天海祐希さん主演ドラマ「BOSS」を手掛けただけでなく「コードブルー」や「医龍」の脚本家としても話題の方です。

数々の医療ドラマを手掛けている方の原作となれば、これは内容も期待できそう!

実は林宏司さんは、今回の原作小説が初出版のようです♪

初出版の小説というのもファンには嬉しい話ですよね。

スポンサーリンク

「トップナイフ天才脳外科医の条件」原作のネタバレと結末を知りたい!

「トップナイフ」原作のネタバレと結末が気になりますね。

では「トップナイフ」原作のネタバレをご紹介します。

[box class=”box6″]

トップナイフとは、医師の中でも超一流の技術を持つごく一部のドクターに与えられる称号のこと。

人間の脳とはいまだ解明されていない部分の多い、いわば神の領域。

東都病院脳神経外科には深山瑤子をはじめ、技術や知識は超一流だが性格に難のあるメンバーが集まっています。

「脳動脈瘤のスペシャリスト」である主人公の深山瑤子、マスコミにも取り上げられるほどの超一流の技を持つ「世界のクロサワ」黒岩健吾、西郡琢磨は「若き天才」と称され、過去すべてトップの成績の新人の小机幸子。

しかし一流とはいえ、みんなどこか罪悪感やコンプレックも持ち合わせているのです。

脳の病気を抱える患者たちと向き合い、彼らは少しずつ変わっていきます。

手術は成功して当たり前という世界で、葛藤と苦悩を抱えながら最高の医師たちが神の領域に立ち向かっていくリアル・ドクターストーリー。

[/box]

これだけでもとても面白そうですね。

では「トップナイフ」原作の結末ネタバレはどうなっているのでしょうか?

実は原作小説が発売されたばかりで、まだ結末はわかっていません。

結末も気になりますが、一人ひとりの葛藤や苦悩は小説ならではの視点で細やかに描かれているので、リアルに感じられそうですね。

スポンサーリンク

ドラマ「トップナイフ天才脳外科医の条件」の脚本家は誰?

原作に続いて、ドラマ「トップナイフ」の脚本家についてご紹介します。

トップナイフの脚本家は林宏司

ドラマ「トップナイフ」の脚本家は、原作と同じく林宏司さんです。

林宏司さんは脚本家として活躍されている方ですが、今までどんなドラマを手掛けているのでしょうか。

[box class=”box5″]

【連続ドラマ】

  • 救命病棟24時 第2シリーズ
  • 離婚弁護士
  • 離婚弁護士II ハンサム ウーマン
  • 医龍Team Medical Dragon
  • 医龍Team Medical Dragon2
  • コードブルー ドクターヘリ緊急救命
  • BOSS
  • コードブルー ドクターヘリ緊急救命2nd season
  • 医龍 Team Medical Dragon3
  • BOSS 2nd season など

[/box]

多くの有名ドラマを手掛けているとわかりますね。

医療ドラマも多く手掛けており、経験豊富な脚本家さんだと思います。

また天海祐希さん主演ドラマの脚本も担当されているので、天海祐希さんの良さが引き出される見ごたえのあるドラマになりそう…

これは面白いドラマになること、間違いなしですね。

林宏司の脚本の傾向

原作者でもある林宏司さんの脚本は、どんな傾向があるのでしょうか?リサーチしてみました。

例えば「コードブルー」では、最初はド新人で自分のことだけ考えている医者の卵たちが、多くの患者や上司と出会い、患者を第一に考える医師に成長していきます。

プライベートや仕事の葛藤を通して、仲間との絆が深まったり、自分自身に足りないところを見つけられたりと、人としても成長する過程をとても丁寧に描かれているのが特徴です。

また、医療ドラマとは違いますが「BOSS」の場合も、最初は個性的すぎるメンバーでチームワークがバラバラだったところからストーリーは始まります。

その後、数々の事件を通してチームが一つになり、最後は難事件を解決するという結末になっていますね。

林宏司さんの脚本のエンディングは、大きな壁にぶつかり、自分の力と仲間に助けられながら乗り越えていく前向きなラストとなる傾向があるようです。

今回の「トップナイフ」も、登場人物一人ひとりが葛藤や苦悩を抱えているようですが、おそらく患者と接する中で成長し、乗り越えていくドラマになるでしょう。

「トップナイフ天才脳外科医の条件」原作ネタバレからドラマ結末を予想

「トップナイフ」の原作ネタバレと原作者の作品傾向からドラマラストの結末を勝手に予想してみました。

「トップナイフ」ドラマ結末予想① 仲間で団結して不可能と思われる大手術を成功させる

原作ネタバレから予想する「トップナイフ」の結末一つ目です。

技術の知識も超一流のメンバーたちですが、自分たちのプライドばかり優先し、最初はチームワークもバラバラ。しかし、最後は違います。

それぞれが成長し、チームワークも素晴らしく整い、患者を救いたいという思いから不可能と思われる大手術を大成功させると考えられます。

感動的でもあり、先が明るい結末と言えますね。

「トップナイフ」ドラマ結末予想② 主人公・深山瑤子が家族と和解する

原作ネタバレから予想する「トップナイフ」の結末二つ目です。

主人公・深山瑤子は脳外科医として活躍をする一方で、家族を捨てた罪悪感を抱えていました。

しかし多くの患者やメンバーと接する中で気持ちに変化が生まれ、家族と連絡を取ります。

そこで初めて家族とのわだかまりが少しはマシになり、一緒に暮らすとはいかないまでも、たまに連絡を取り合う関係になりそうな予感。

「トップナイフ」ドラマ結末予想③ トップナイフの座に深山瑤子が上り詰める

原作ネタバレから予想する「トップナイフ」の結末三つ目です。

現在のトップナイフは手術の天才・黒岩健吾でした。

彼は世界的にも有名な脳腫瘍のスペシャリスト。

その技術はどのメンバーよりも圧倒的に上でした。

しかし多くの患者やメンバーと接し成長した深山瑤子が大きな手術を成功させ、トップナイフの座に。

黒岩健吾は深山瑤子の下では働けないと病院を去っていく結末になるかもしれません。

「トップナイフ」ドラマ結末予想④ 深山瑤子が病院を去っていく

原作ネタバレから予想する「トップナイフ」の結末の四つ目です。

最初はトップナイフの座を狙っていた深山瑤子でしたが、多くの出会いと経験の中で成長し、自分の出世ではなく患者を一番に考えるように。

そこで病院からストップされていた危険な手術を独断で行い、成功させます。

しかし、規則を破ったと病院にはいられなくなり、去っていきます。

刑事ドラマ「BOSS」も主人公である天海祐希さんが、全ての責任を取って海外にいくというラストでしたので、同じような展開もあり得ますね。

アンハッピーエンドか、病院を去りはするが他の病院で修業を積むいい機会だと前向きな結末になるかは不明です。

スポンサーリンク

まとめ「トップナイフ天才脳外科医の条件」原作ネタバレと結末について

今回は「トップナイフ」の原作ネタバレや脚本家について、そしてドラマの結末を予想してみました。

原作は、多くのドラマの脚本担当をしてきた林宏司さんの小説「トップナイフ」だとわかりましたね。

原作者の傾向からドラマの結末も大胆に予想してみました。

どちらにしてもハッピーエンドな終わり方がいいなと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク